生き方

生き方

作者名 :
通常価格 1,683円 (1,530円+税)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

多くの人が人生の指針を見失っているこの混迷の時代に打ち込む、「生き方」という一本の杭。私たちの人生を成功と栄光に導き、また人類に平和と幸福をもたらす王道とは何か?京セラ・KDDIを創業した著者が贈る、渾身の人生哲学。

ジャンル
出版社
サンマーク出版
ページ数
246ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2020年01月08日

    どういう生き方が世のため、人のため、そして何より自分のためになるかを教えてくれる本だった。

    生きる目的は魂を磨くこと。魂を磨くにはとにかく働くこと。働くことが嫌ならば、とりあえず、目の前の仕事を一生懸命こなしてみる。そうすれば楽しくなってきて、成果も出てくる。

    誠実に真面目に生きていればいいこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月01日

    ◆概要
    稲盛和夫さんが考える人生観、
    ビジネスへの思いが書かれている本。
    人のために、と利他の心で動くこと、
    ひたむきに頑張ることの大切さをまとめている。

    ◆得た学び
    仕事を一生懸命やることは、
    楽しいことなのだと知るきっかけになった。
    要領は良くなくても良いから、
    真剣にやることの大切さを学んだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月24日

    心を打たれた。


    自分を律し、他のために善行を積む。そして誰にも負けないほどに勤勉を励む。

    今の日本人には失われている人間の本質を少し理解できたと思う。

    この本で得た経験を自分の日常生活に落とし込んでいこうと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月15日

    社会に出てからはまとまった時間が取りづらくなり、一章ごとに読んでは本を閉じます。何度読んだかわかりませんが、毎回、戒められ、初心に戻してくれる本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月08日

    生きる意味や価値を見出せず人生の指針を失っていないか。
    魂を磨いていくことがこの世を生きる意味。
    苦しみは魂を磨くための試練である。
    「人間として正しいかどうか」という哲学を持つことが大切。
    思考が業(カルマ)を作り結果が生じるため、「決して悪い想念を描いてはいけない」
    求めたものだけが手に入るとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月08日

    何事も一生懸命やる…それはとても大切なことなんだなと感じた。
    この本に書いてある生き方は自分的には凄く感銘を受けたので、定期的に読み返してこの生き方を貫こうと思った。
    特に何事も一生懸命やることと他人を思いやる心は極めたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月20日

    京セラ・KDDIと会社を2つも作って、65歳で仏門に入った人の経験談が1700円って凄いですよね。
    稲盛氏の哲学・宗教観・道徳観・宇宙観から学べることは、お金には代え難い価値がある。
    自然界ではすべての生き物がただひたすら今を生きようとしているみたいな記述があって
    素直な気持ちで人間もそうあるべきだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月24日

    人生の指針となる本と言える。稲盛さんの人生経験を通じた言葉は重みがあり、説得力がある。人間として一番大切なことは何かを考え直した。

    生き方について示した本は、自分にとって読みたいと思える本ではなかった。何が人生の目的で、何が自分の幸せか、今まで考え、わかっているという思いがあった。
    だから最初は読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月18日

    橋本さんから勧めて頂いた本。
    「仕事の完成よりも仕事をする人の完成」

    社会に出て、自分が真面目すぎるんかなとか頭が硬いんかなと思うこともあるけど、やっぱり正しいと思うことを、真面目にまっすぐやっていこうと思った(というかそこから逸脱することが良心の呵責的にできないなと思う)。
    今までたくさんの人に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月28日

    ○今の時代に最も必要なのは「人間はなんのために生きているのか」という問い
    ○人間が生きている意味→心を高めること、魂を磨くこと(生まれたときより少しでもマシな人間になって死ぬ)
    ○労働には、欲望に打ち勝ち、心を磨き、人間性を作っていく効果がある
    ○人生、仕事の結果=考え方×熱意×能力(考え方次第で人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています