血の雫

血の雫

作者名 :
通常価格 1,496円 (1,360円+税)
紙の本 [参考] 1,870円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

東京都内で連続殺人事件が発生。凶器は一致したものの被害者同士に接点がなく捜査は難航する。やがて事件は、インターネットを使った劇場型犯罪へと発展していく――。前代未聞の「殺人ショー」に隠された犯人の真の目的とは。地道な捜査を続ける刑事たちの執念と、ネット社会に踏みにじられた人々の痛みが胸に迫る社会派ミステリ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
電子版発売日
2019年04月05日
紙の本の発売
2018年10月
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2019年06月10日

    「震える牛」でファンになった相場英雄さんの作品。
    やっぱり好きだわ~。

    ネット社会と言われる現在
    匿名性を盾に垂れ流される愚痴と罵詈雑言
    事件の始まりは全く共通点のなさそうな3人の殺人事件
    事件を担当したのは中野署の田伏刑事
    実は彼はある事件からネットにトラウマを抱えていた
    そしてバディとなるのは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月11日

    著者らしい骨太な刑事物。時事問題も加わって読み応えのあるものに仕上がっている。トラウマを抱えた主人公や一癖ある脇役はシリーズ化の伏線か?と思わせるほど次への期待ができる内容だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月22日

    何もかもほっといて一日で読んでしまった、、。ネットの闇と社会問題を絡めた深いミステリーでした。重いです。ネットに明け暮れる我々はこういう話を読んで、自分の振る舞いを客観視する必要があるかもしれません。アレンジしてても、実在の企業と重なり過ぎです。ゲームオーバーって、SAWじゃないですか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月27日

    4.0 ネットの中での誹謗中傷。原発の被害。色んなことが絡まりながら事件の解決へ。面白かった。一気読み。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月11日

    ネット社会といわれて久しいが、怖い世の中になったものです。犯人の目的がわかってくるにつれて切なく悲しくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月19日

    都内で発生した連続殺人事件。難航する捜査に警察への批判が高まる中、犯人がネットメディアに声明を出したことで、事件は劇場型犯罪へと発展し…。SNSの闇を抉る社会派ミステリ。

    相場英雄はこれまでBSE問題、製造業の派遣問題やデータ偽造問題、大企業の粉飾決算など、日本社会が抱える問題を鋭く突いてきた。そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月22日

    一見、脈絡のない連続殺人事件、意外な共通点は原発事故の被害に受けた福島県にあった。ネットの匿名性に隠れ、好き放題に人を傷つけるネット住人に鉄槌を下す「ひまわり」。心情j的には同調してしまう。薄っぺらい警察小説ではない骨太のストーリーはさすがの社会派小説の雄だ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月18日

     うーん。なんとも複雑な気持ちで読み終えることになった。犯人を許すことはもちろんできないが、犯人がこうなった背景を考えると、必ずしも犯人だけを責めることはできないと感じてしまった。

     連続して殺人事件が起こる。犯行の手口と凶器は一緒だが、被害者に共通するものがなく、また防犯カメラが設置されていない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月13日

    ミステリー仕立てだったけど、テーマが分散してしまっているので、何をしたかったのかがわかりにくくなったような印象です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月29日

    説明
    内容紹介
    スマホをタップした瞬間、あなたもターゲットになる――。ネット社会の深層領域に迫る衝撃作。東京都内で連続殺人事件が発生。凶器は一致したものの被害者同士に接点がなく捜査は難航する。やがて事件は、インターネットを使った劇場型犯罪へと発展していく――。前代未聞の「殺人ショー」に隠された犯人の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています