資本主義と倫理―分断社会をこえて

資本主義と倫理―分断社会をこえて

作者名 :
通常価格 1,620円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

資本主義はどのような方向に向かっていくのだろうか――。
現在われわれは資本主義そのものをクールに見定める必要に迫られている。格差や環境破壊、経済危機などはいずれもが資本主義というシステムの成り立ちと深いかかわりをもっているためである。
倫理、農業、政治、教育等々の多様なバックグラウンドから、先端的識者により、資本主義がどこから来てどこへ向かうのかという鋭い問いかけがなされていく。
本書は京都大学経済研究所附属先端政策分析研究センターのシンポジウムをベースとしたものであり、発言者は多様な専門性を背景に、資本主義への洞察に富む問いを発し、検討の俎上に上げようとしている。
第一級の研究者たちの問いを通して、現代を取り巻く日常的な風景に新たまた様相を見出せるようになるであろう。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
210ページ
電子版発売日
2019年04月05日
紙の本の発売
2019年03月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2019年06月05日

シンポジウムの記録というスタイルのおかげで分かりやすく、内容も刺激的だ。
資本主義の未来を予見するとともに、経済学がそこでどんな役割を果たせるのか、同時に経済学の限界についても語られる。
自然科学が突出した今こそ、社会科学の出番だと思っていた。期待できるのかもしれないね。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは16,900

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!