日本人に「自虐史観のアホらしさ」を気づかせてくれたのはアメリカ人だった……ベストセラー連発、日本人より日本文化を深く知っているケント・ギルバートの新境地! 中国や韓国と上手に付き合うには、まず「自己中心主義」の大本たる儒教の本質を知り、そして日本は儒教国家でないことを認識すべし!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社+α新書
電子版発売日
2017年02月24日
紙の本の発売
2017年02月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇
    通常版 1巻 756円(税込)
    日本人に「自虐史観のアホらしさ」を気づかせてくれたのはアメリカ人だった……ベストセラー連発、日本人より日本文化を深く知っているケント・ギルバートの新境地! 中国や韓国と上手に付き合うには、まず「自己...
  • 中華思想を妄信する中国人と韓国人の悲劇
    通常版 2巻 756円(税込)
    ベストセラー『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』に続く第2弾。米国人という立場から東アジア人を俯瞰的に見たとき、著者は「日本人と中韓の人々とは全くの別物である」という事実に気づいた。背景には...

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

Posted by ブクログ 2017年09月24日

少し乱暴な言葉が多いけど、概ね正しいことが書いてあると思います。
確かに、中国や韓国から出てくる、明らかな嘘の情報を、鵜呑みにしている日本人もまだ結構いるのかな?
じゃあ我々はどうしたら良いのか、というのは難しいですが、最後に触れられていた、最近は海外でも中国や韓国の主張に疑問を抱く人が増えてきた、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

Posted by ブクログ 2017年07月24日

新聞の広告記事を読んで購入。同じアジア人でも、考え方、物事のとらえ方が全く違う。国の歴史、宗教の影響が大きく、それを知ることはとても大切だと考えた。
アジア人ではない著者だからこそ、違った観点からのアプローチが興味深い。他の著書も読んでみたい。

このレビューは参考になりましたか?

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

購入済み

なるほど

トミー 2017年05月09日

なるほど納得できました。

このレビューは参考になりましたか?

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

Posted by ブクログ 2018年06月10日

現在の日本と中国、韓国の現状と、これからの日本の取るべき道をこれでもかとわかりやすく書いている良書。
日本について美化しすぎなところもあるが、これだけ日本という国が食い物にされているにも係わらず日本人が理解せず、安易に彼の国の言い分を是とする人間がいることが不思議。マスコミの功罪を強く感じる。
この...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

Posted by ブクログ 2018年04月26日

儒教の思想に沿って解説してあるのではなく、中国や韓国の価値観や行動というものから儒教的要素を見ていくという本である。なので、儒教の知識がないものでも読むことができる。著者は、嫌韓・嫌中といった人なので、かなり中国や韓国への嫌悪感情が本書から見られる。日本人が知らなかった事実を知ることができるという点...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

Posted by ブクログ 2018年03月28日

中国は沖縄を狙っている。基地反対運動で日米同盟に楔を打ち込み、更には本土と沖縄の分断を図っている。翁長知事は中国福州の名誉市民。政治家の裏にどんな勢力がいるのか知っておくべき。あれ?前に読んだ『沖縄を本当に愛してくれるのなら県民にエサを与えないでください』と同じ事が書いてある?
日本の放送や新聞など...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

Posted by ブクログ 2018年02月13日

ケント・ギルバートほんと中韓快く思ってないんだなぁってのが判る一冊。 
アンチ儒教では井沢元彦が筆頭かもしれないけども、著者もなかなかなものです。 
中二病国家って言い得て妙だなぁ~ 素晴らしい例え。 
日本も朱子学の影響があるから儒教の影響はないとは言えないだろうけど、儒教に支配はされていないよな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年02月05日

ケント・ギルバート氏といえば、私が子どもの頃によく大橋巨泉氏の番組に出ていて、当時もう一人テレビによく出ていたケント・デリカット氏とよく間違えていたことを思い出す。
そんな氏がなぜ右傾思想を唱えているのか、経緯は不明だが、基本的に書いてあることは、百田尚樹氏がよく主張していることとほぼ近い。さらに本...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

Posted by ブクログ 2017年10月23日

嫌韓、嫌中な人にとってはすっきりする。
読むストレス解消のような部分がある。

また、中国の巧みさに改めて考えさせられるところがある。
知らなかったことがいっぱい書かれている。
ただ、それ自体も鵜呑みにしていいものなのか?
世の中、全てを疑いつつ、信じつつ。

ちょうど、衆議院選挙もあったので、
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

Posted by ブクログ 2017年10月18日

尖閣諸島問題や従軍慰安婦問題など、私では理解できない中国と韓国のこだわりの理由がやっと分かった。

文章も読みやすく分かりやすい。
とても外国人が書いているとは思えない文章力。

ただし、残念な点が2つ。
1.タイトルに入っている「儒教」の説明が足りないので、理解できない行動との関連がぼやっとしてい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?