星籠の海(上)

星籠の海(上)

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

瀬戸内の小島に、死体が次々と流れ着く。奇怪な相談を受けた御手洗潔は石岡和己とともに現地へ赴き、事件の鍵は古から栄えた港町・鞆(とも)にあることを見抜く。その鞆では、運命の糸に操られるように、一見無関係の複数の事件が同時進行で発生していた――。伝説の名探偵が複雑に絡み合った難事件に挑む! 二〇一六年六月四日公開、玉木宏主演映画『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』原作

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2016年04月08日
紙の本の発売
2016年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

星籠の海(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年05月06日

    瀬戸内の小島に死体が次々と流れ着くという怪事件の相談を受けた御手洗と石岡。事件の鍵は港町・鞆にあると見抜き、早速現場へ向かう。伝説の名探偵が複雑に絡み合う難事件に挑む長編ミステリー。
    冒頭から見事な推理力を発揮する御手洗と、相変わらずの石岡。30年以上彼らの活躍に接していると、お約束のような言動が微...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月29日

    御手洗潔シリーズは、いつも序盤もしくは中盤がだらけてしまいスピードが落ちるのですが、今回の作品はスラスラと読みやすかったです。
    ただそのまま統○協会ですね。
    発表時に大丈夫だったのか、気になりました。
    下巻もさくさく読みたいところ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月21日

    瀬戸内の小島に死体が次々と流れ着く。
    御手洗清と石岡和己が現地へ赴く。

    まだ上巻だが、とても面白い。
    色々な話が混じりあっていて、この巻を読み終わる頃、
    少しずつ繋がりだけが見えてくる。

    その一遍、一遍がどう繋がっていくのか全く予想出来ないが、
    それら全てが短編でも面白いと思わせられる島田先生の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月21日

    天才型探偵の御手洗さんが、あらゆる謎を見たそばから解決していく。
    謎の宗教団体と星籠という言葉、幕末の謎。
    それがどう結びつくか、楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月03日

    長い
    けど、人物の描写は丁寧
    個人的には本当に普通で平凡な人生を慎ましやかにおくってるだけなのにある日突然状況が180度変わっちゃうような残酷さみたいなものがちゃんと現実っぽくて好き

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月13日

    はじめに映像化ありきの作品と聞き、圧倒的な厚さの上下巻という現実をかえりみずチャレンジ‼淡々と進むストーリーに気をもみながら下巻に流れ込みます。感想は下巻にて。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月02日

    事件と人があちこちで点在して、それがどう繋がるのか早く知りたくてやきもき。加えて謎の星籠。全部頭の中で明白になってる御手洗が羨ましいw
    「ろくなことないよ。ぼくは何のために生まれてきたんだろう」って智弘くんの言葉がひどく悲しかったな。否が応でも親目線になってしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月10日

    映画化と聞いて久々に島田荘司の長編を読む。あれれ、しばらく読んでない間にだいぶ御手洗潔の毒が抜けた感じがする。。。が、つかみは素晴らしく、瀬戸内海の興居島に謎の死体が浮かぶというところから事件は始まり、新興宗教やら、なんとも壮大に歴史も絡んでくるというてんこ盛りっぷり!こんだけお話が広がってくけど、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年08月05日

    【あらすじ】
    瀬戸内の小島に、死体が次々と流れ着く。奇怪な相談を受けた御手洗潔は石岡和己とともに現地へ赴き、事件の鍵は古から栄えた港町・鞆(とも)にあることを見抜く。その鞆では、運命の糸に操られるように、一見無関係の複数の事件が同時進行で発生していた――。伝説の名探偵が複雑に絡み合った難事件に挑む!...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年04月15日

    瀬戸内海に浮かぶ興居島に次々と死体が漂着していると相談を受けた御手洗は、現地に赴き、三方向から潮が出入りするという瀬戸内海の特殊性が鍵になっていると突き止める。
    広島県福山市では、看護学科の学生でベビーシッターをしていた辰見洋子が過失によって乳児を殺してしまったため、隠蔽計画を立て、交際関係にあった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

星籠の海 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 星籠の海(上)
    968円(税込)
    瀬戸内の小島に、死体が次々と流れ着く。奇怪な相談を受けた御手洗潔は石岡和己とともに現地へ赴き、事件の鍵は古から栄えた港町・鞆(とも)にあることを見抜く。その鞆では、運命の糸に操られるように、一見無関係の複数の事件が同時進行で発生していた――。伝説の名探偵が複雑に絡み合った難事件に挑む! 二〇一六年六月四日公開、玉木宏主演映画『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』原作
  • 星籠の海(下)
    968円(税込)
    織田信長の鉄甲船が忽然と消えたのはなぜか。幕末の老中、阿部正弘が記したと思われる「星籠」とは? 数々の謎を秘めた瀬戸内で、怪事件が連続する。変死体の漂着、カルト団体と死体遺棄事件、不可解な乳児誘拐とその両親を襲う惨禍。すべてが一本の糸で繋がる驚愕の真相を、御手洗潔があぶり出す! 二〇一六年六月四日公開、玉木宏主演映画『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』原作

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています