新装版 俄 浪華遊侠伝(上)

新装版 俄 浪華遊侠伝(上)

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「この銭、貰うた」。逃げた父の代わりに金を稼がねばならなくなった万吉は、身体を張った"どつかれ屋"として身を起こす。やがて生来の勘とど根性と愛嬌を元手に、堂島の米相場破りを成功させ、度胸一の極道屋・明石屋万吉として知らぬ者のない存在となった。そんな万吉に大坂町奉行から密かな依頼がくる。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2015年09月11日
紙の本の発売
2007年06月
サイズ(目安)
1MB

新装版 俄 浪華遊侠伝(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月23日

    国民的作家司馬遼太郎は大阪の出身。本書の主役明石家万吉には筆者の祖父の生涯が反映されているという。町人の街大阪から見た明治維新。

    「手掘り日本史」に紹介されていたのを機に本書を手に取る。江戸とは異なり大阪は一部の町奉行のほかはほとんどの町人の街。司馬遼太郎が大阪の出身ということもあり、心地よい関西...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月05日

    久しぶりの司馬遼太郎さん。
    動機は単純で、折角だから大阪に住んでいる間に再読しようかな、と。
    地名に馴染みがあって雰囲気がわかるだけでも、結構違うものです。

    司馬遼太郎さんの長編は中学生くらいまでに、もうホントにほぼ全部読んでいて、これもそうです。
    ただ、改めて読み直すと、「いやあ、この面白さは絶...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月29日

    読んでる時は気が付かなかったけどこれ司馬さんの小説なのね。
    幕末に生きた任侠物のすかっとしたお話です。
    こんなキモの座った人間がいたんだな〜。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月16日

    どうも良いですね。やはり司馬さんは性に合いますね。
    しかも司馬さんの作品の中でも、私の好みからすれば1、2を争う作品です。
    最近の作家さんの作品を読むと、ショーウインドに飾ってる服を眺めて「良いな〜」って感じ。ところが司馬さんの作品だと、それを着て肌にしっくりなじんだ感じがします。

    司馬さんといえ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月09日

    破天荒で、いつ死んでもおかしくない。でも、愛嬌があり、憎めない。こんなキャラが、歴史に名を残す幕末期。面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月12日

    いや。テンポがいい。スラスラ読める。
    司馬遼太郎の筆がさえている。
    幕末の 転換期に 極道として 生きる。
    素手にして闘うことは,殴られることだ。
    それに耐え抜いて 評価を得る。
    こんな男は 命がいくつあっても 足りないぐらいだ。

    知恵よりも覚悟。
    身体よりも命。

    江戸幕府の侍たちの 情けなさが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月15日

    司馬遼太郎の任侠ものかな。最初はどうなることかと思ったが、堂島米相場を壊してから、東奉行所隠密をやったり、大坂の取り締まりをやったりして盛り上がってきた。いけるかも。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年11月12日

    江戸末期の任侠モノです。明石屋万吉、晩年の小林左兵衛という実在の人物を描いています。左兵衛は晩年、自分の一生を振り返って、”わが一生は、一場の俄のようなものだ”と言った言葉から題名が付けられている。”俄”とは、路上でやる即興喜劇のことだ。当時、大阪で大いにもてはやされていたようだ。

    万吉は一生、智...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

新装版 俄 浪華遊侠伝 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 新装版 俄 浪華遊侠伝(上)
    「この銭、貰うた」。逃げた父の代わりに金を稼がねばならなくなった万吉は、身体を張った"どつかれ屋"として身を起こす。やがて生来の勘とど根性と愛嬌を元手に、堂島の米相場破りを成功させ、度胸一の極道屋・明石屋万吉として知らぬ者のない存在となった。そんな万吉に大坂町奉行から密かな依頼がくる。
  • 新装版 俄 浪華遊侠伝(下)
    「わが一生は、一場の俄のようなものだ」。大侠客となった万吉は、播州一柳藩に依頼され、攘夷派の浪士たちが横行しだした西大坂を警備する侍大将を引き受ける。おのれの勘と才覚を頼りに、場当たり的に幕末維新から明治の騒乱の中をたくましく生き抜いた"怪態な男"の浮沈を描いた、異色の上方任侠一代記。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています