なにものにもこだわらない

なにものにもこだわらない

作者名 :
通常価格 1,300円 (1,182円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

常識、職場の空気、前例、人の目、自分らしさ、見栄……。あなたも「こだわり」に囚われていませんか? 臨機応変に考えて、自由に生きよう。なにか一つのことに拘って成功した人よりも、あらゆることを試して成功した人の方が多いはずだ。単に、「諦めなかった」という意味で、「拘り続けた」という言葉を使っていることが多く、そこを誤解しがちである。あくまでも、「固執する」という意味での「拘り」は無用だということ。拘ることの最大の欠点は、思考が不自由になることであり、思考が不自由になると、思いつく機会が減るし、また問題解決ができにくくなる。こうなった人は、いつも周囲の誰かに頼ろうとするし、最近であれば、ネットで検索しようとする。自分の頭の中で問題を展開さえしない(本書より)。人気小説家・工学博士による人生を好転させるヒント。 【おもな目次】●第1章 「拘り」は悪い意味だった。 ●第2章 「拘る」のは感情であり、理性ではない。 ●第3章 「拘らない」なら、その場で考えるしかない。 ●第4章 生きるとは、生に拘っている状態のことだ。 ●第5章 新しい思いつきにブレーキをかけない。 ●第6章 自由を維持するためにはエネルギィが必要だ。 ●第7章 死ぬとは、死に拘るのをやめることだ。 ●第8章 拘らなければ、他者を許容することができる。 ●第9章 優しさとは、拘らないことである。 ●第10章 拘らなければ、臨機応変になる。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
PHP研究所
ページ数
240ページ
電子版発売日
2019年03月15日
紙の本の発売
2019年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

なにものにもこだわらない のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月21日

    「拘り(こだわり)」について筆者の考えがこだわって書かれていると思われたが、そこは前書きで触れられてある。矛盾はある程度許容されることが自由な発想と優しさに繋がる。
    方針は決めて、あとは進む。軌道修正はいくらでもしていい。プロットに縛られたらつまらなくて書けなくなる。
    このやり方だと、やっている最中...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月20日

    なにもののも拘らないためには「拘らない」に拘ってはいけない、人間関係、自由、死などの色々な視点で森さんにとっての拘らないとは何かが書かれていました。冷淡だけれどもどこか救われる。そんなエッセイでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月20日

    読んでいる最中、霧の中を彷徨っているような浮遊感があった。読み進める毎にその霧がどんどん晴れていく感覚。自由になる為に必要なもの、考え方が飾らない自由さで森さんなりに貫かれている印象だった。改めて自分で思考する事の大切さを胸に刻めたし「積み上げたからこそそれは一旦さっぱり捨てるべきである」という所に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月30日

    拘りに対する考え方が変わった。世間では良い物と捉えられがちだが拘りとは思考停止である。考える事を放棄して楽な方へ進んでいるのかもしれない。
    拘らない方がよっぽど難しい生き方だ。
    拘りを捨てれば自由である分頭を常に働かせねばならない。集団で生きる為に協調性は大事だが何物にも囚われない自由な思考が大事で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月14日

    なにものにもこだわらない、という一言を丁寧に説明した本。こだわることの悪影響、こだわらないことにこだわることを避けることなど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月12日

    他の作品でも思ったけれど、前書きにある通り、本当に調べたりせずに思いつくまま書いてるんだろうなぁ。(それを楽しんでいるので良いですが)

    もやっとしているがそれが人間。
    それを強みにするくらいがよいのかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月13日

    平易な文で描かれていて読みやすい。
    自分と考え方が似ているからか、参考になる部分はあまりなかった。
    自分の考え方と近しい人がいるというのは、なんだか嬉しく心強い気持ちにはなった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング