明日の食卓

明日の食卓

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

8歳の息子を育てる、環境も年齢も違う3人の母親たち。些細なことがきっかけで、幸せだった生活が少しずつ崩れていく。無意識に子どもに向けてしまう苛立ちと暴力。普通の家庭の光と闇を描く、衝撃の物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2019年02月23日
紙の本の発売
2019年02月
サイズ(目安)
2MB

明日の食卓 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年03月15日

    幼児虐待がテーマですが、この本を読んでリアリティーがないと思える方はきっと幸せだと思いますし現在子育て中のお母さんには教訓にもなります。

    エピローグに向かっては推理的な要素もあり、途中で本を閉じる事が出来なくなりました。

    誰にでも起こりうる「魔の一瞬」
    後悔してもしきれない、その時がどうか来...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月21日

    一気読みだった。
    映画楽しみだなあ。
    切ないけど、とっても楽しみ。
    虐待に注目するのではなく、本当の親子の愛とは何かに気付かされる話。
    確かに子供が9歳頃っていうのは、とってもとっても大変だったと、子育て終わったお母さん達は皆気持ちを注入して読むことだろう。そして自分も鬼母だったことはないのだろうか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月24日

    15分だけ読もうと思ってたのに、気づいたら1時間読んでたという面白さ。

    三組の石橋家がだんだん変化していく様子が、他人事ではないと、お話の中にのめり込んでしまう。

    虐待
    介護
    DV
    貧困など
    現代社会の母親が抱える生きづらさを見事に描いた作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月03日

    いろいろ(虐待、貧困、いじめ、DV、発達障害、介護...)とてんこ盛りでお腹いっぱい。どこの家庭でも起こりうる日常とその顛末...。最後は死角からパンチをもらってノックアウト! この結末はいい。解説で帯コメントに指摘が加えられているが、その時の読み手の状況でコメントは変わるだろうし、私は帯コメントに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月10日

    冒頭ユウという名の9歳の男の子を虐待する母親が出て来るが誰だか分からない。1.優
    母はあすみ。習い事に金をかけられるぐらい金には困っておらず、息子は優しくて勉強も出来る。2.悠宇 母は留美子、フリーライター。次男とやんちゃが過ぎてストレスが溜まる。さらにカメラマンの夫の仕事が無くなったが家事をしない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月25日

    私も時々、どこで間違っちゃったんだろう…と思う時がある。
    一所懸命やってるつもりが、空回りして虚しくなった時もある。

    この小説の中の誰かは私かもしれない。

    そんな風に思い、共感しながら読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月01日

    これはスゴい話だ。
    こんな物語の書き方があるんだなぁと思った。
    わたしも母であるから、この本に登場する3人の母親の気持ちが痛いくらいわかるし、その境遇に歯痒い思いも持ちながら読んだ。
    ラストも良かったな。

    ただ1人、あすみさんにはあまり感情を動かされなかったが今後1番心配なのはこの人だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月05日

    同じ名前の子供を持つ3つの家族の話。
    日常で不意に残虐な気持ちを抱いてしまうことってあるよなと気づかせてくれる作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月14日

    結婚も、子育ても、ひとつとして同じ悩みを分かち合える人はいないよなぁ、と思う。
    結婚相手が誠実か、協力的か、価値観は似ているのか、義実家との付き合い方は?
    子どもはいる?いない?性別は?何人兄弟?……
    気軽に愚痴ったりできる相手がいると、少しは発散できることもあるけれど、それでも本当のところでは、結...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月15日

    3人の母親が登場。
    字は違うが「ユウ」という子どもがいる。

    しかし、アレやね、男の子の子育てって
    大変やなあと読みながら思った。

    1人はシングルマザーだけど
    どうしようもない弟が出てくるし
    2人の夫もどうしようも無い存在。

    なので、奥さんはでっかい子どもが
    もう1人いることになる 笑

    幸い?...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています