枝付き干し葡萄とワイングラス

枝付き干し葡萄とワイングラス

作者名 :
通常価格 523円 (476円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

夫に突然離婚を切り出された妻の悲嘆が消えた瞬間。第2子を身ごもった女が目にした、産婦人科での光景。浮気相手の妊娠を妻に告げた夜。人生の豊饒の時、「結婚後」の男女の点景を通して、あたりまえの生活をいとなむ、そのすぐそばに潜んでいる奇異なものたちを見逃さずに描き出した、傑作短編小説集。(講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
208ページ
電子版発売日
2012年09月14日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

枝付き干し葡萄とワイングラス のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年10月26日

    日常の中にあるなぜか気になるもの、目が離せなくなるものへの注意というか興味と毎日の生活の時間が重なるリアリズムというかレイモンド・カーヴァーが好きだと言われていた椰月さんの視線はそこにあって短編ってこういうのがやっぱりいいなと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月24日

    『みきわめ検定』と同時刊行。
    こちらは結婚後の夫や妻が主人公となった短編集。

    唐突に離婚を告げられた女が姪っ子を連れて寂れた遊園地に行く『城址公園にて』、横暴な夫と家庭内別居状態になった『甘えび』がストーリー性がありよかった。

    風邪を引いた妻をひたすら描く『風邪』、第二子を妊娠して産婦人科...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月31日

    10編の短編集。「甘えび」と「おしぼり」がお気に入り。みきわめ検定の方を最初に読んだからか、こちらは少しインパクトが少なかった気がする。でも、椰月美智子さんの世界感は十分に味わえた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月31日

    日常の中にあるちょっと変わった一コマを描いた短編集。夫婦関係を描いたものが中心になっているが、別れる二人を描いたものが多かった気がする。
    日常の中の風変りな様子が描かれているからか、重くならずに軽く読めました。何気ない様子のものばかりなのに、続きが気になって仕方なかったです。風邪の話と、夜のドライブ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月07日

    「みきわめ検定」と同時刊行された、超短編を含む短編集の既婚女性中心編。
    これが生活感というものなのか、未婚女性中心編の「みきわめ検定」より、幸不幸の話に関係なく、物語に落ち着きがあった。
    日常はどんな状況でも訪れてくる。生涯記憶に残ることも、一瞬にして忘れてしまうことも。この短編集では、そんな日常の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年04月25日

    味わいのある短編集。
    何とも言えない心のひだをうまく描いてある。
    人からすると、大したことじゃないのかもしれないけど、
    なんとも微妙に心をくすぐるような、そんな感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています