「承認欲求」の呪縛(新潮新書)

「承認欲求」の呪縛(新潮新書)

作者名 :
通常価格 858円 (780円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

SNSで「いいね!」をもらうことに全身全霊を傾けてしまう人がいる。職場で表彰されたために「もっとがんばらねば」と力んでしまい、心身を蝕(むしば)む人がいる。エリートであるがゆえにプレッシャーを感じて、身を滅ぼした人もいる……すべての原因は「承認欲求」の呪縛だった。誰しもがもつ欲求の本質を深く探り、上手にコントロールする画期的な方法を示す。人間関係の向上や組織での成果アップに変換するヒントが詰まった一冊。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
電子版発売日
2019年02月22日
紙の本の発売
2019年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

「承認欲求」の呪縛(新潮新書) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月25日

    p.48
    ストレートに表現したら顰蹙を買うことがわかっているので、わざわざ迂回する戦略をとり、認められようとしている。それだけ、他者から認められることへの執着が強いからである。

    p.74
    彼はその道の大家である師匠に「いつまでたっても社会的に評価してもらえない」とこぼした。すると師匠は「実力が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月21日

    この本で指摘されている通り、本当に多くの日本人が、「認められたい」「認められなくてはいけない」という状態に陥ってしまっています。

    この呪縛を解くカギとして、著者は
    ・周囲と同一次元で勝負をしないこと
    ・別の大切な世界「もう一つの世界」をもつこと
    ・組織をプロフェッショナルの集団に変えること
    を挙げ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月07日

    承認欲求の功罪両面が書いてあってよかった。
    そしてSNSのいいねにとどまらず、組織内のいいねにしがみつく中年にまで話を振ることで「最近の若者は」の議論にとどめなかったのは素晴らしい。
    ぜひおじさんたちに読んでもらいたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月30日

     「承認欲求の搾取」という言葉が目についた。おそらく「やりがい搾取」と同種の言葉であろう。

     承認を受けたいが為に右往左往するのでは、振り回されて疲れ果ててしまう。それをどう中和するか、そして適度な距離を取りえるのか。

     

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月05日

    「承認欲求」の呪縛。太田肇先生の著書。承認欲求は毒にも薬にもなる。適度な承認欲求をもって努力して、承認欲求が満たされる結果につながれば、それは承認欲求がもたらす素晴らしい循環になる。でも、過度な承認欲求をもったり、承認欲求が満たされなければ、それが自己否定や不平不満、怨恨や逆恨みにつながって、自暴自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月30日

    承認は効果的。でも劇薬。

    承認欲求の呪縛に注意。

    自己肯定感を上げる。期待を下げる。問題の重要度を下げる。

    問題の相対化。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月16日

    褒められたり、期待されたりしたいけど、一方で、次のハードルが上がって、ダメだったときに怒られたり、心理的ダメージを受けるから、褒められたり、期待されたりしたくないんだという心の葛藤があるのかな。
    単に褒める文化が良いと思っていたけど、そうではないということに気づけたのが良かった。受け止める人や時と場...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月16日

    SNSの普及とともに人々に多く知られるようになった「承認欲求」という言葉。これまで注目されてこなかったこの欲求が人間にとっていかに大切なものであるかを認めながらも、その危険性や弊害などを中心に本書は記されている。

    ご多分に漏れずワタクシも最近知った言葉だったため、承認欲求には自己主張の暴走的なイメ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月15日

    承認欲求は必要である。
    ただし過度な期待はプレッシャーとなり逆効果になる。
    塩梅が難しい。

    褒められるために仕事をするのは本末転倒だが、ほとんどの人がその状態ではないか。

    上司の部下への接し方が重要である。と、わかっていてもバランスが難しいと感じる。

    プロ化するためにはどうしたら良いか。まさに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月29日

    こうしてみると会社組織の在り方は、大転換期に入ってるようですね。個人の自由度が増せば増すほど、経営のリスクは増大しているように思います。個人の権利、主張を過度に尊重しても、それに見合う義務が果たされるのか?従業員のモチベーション向上ばかりに目がいってて、とても違和感があります。そもそも仕事をして対価...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています