公務員革命 ──彼らの〈やる気〉が地域社会を変える

公務員革命 ──彼らの〈やる気〉が地域社会を変える

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

財政難にあえぐ地方自治体。住民サービスの質を維持するためには、公務員が受け身の姿勢ではままならない。これからの時代、地域社会が元気であるかどうかは、すべて公務員の“やる気”にかかっている。その数およそ350万人。この巨大な人的資源を活用するためには、いたずらにバッシングするのではなく、彼らのモチベーションを改善して積極性を引き出すべきだ。本書では、財源も役職も不要の、「スーパー地方公務員」の育て方を考え、地域社会が豊かになる方途を描く。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
電子版発売日
2016年07月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

公務員革命 ──彼らの〈やる気〉が地域社会を変える のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年09月30日

    公務員の”やる気”に着目して現在の公務員界の課題を解決する方策を提言している。

    まず、公務員でない住民やマスコミに対して、公務員叩きやバッシングが公務員の”やる気”を削ぎ、結果的に住民の損失につなげているという指摘。
    私自身公務員なので、こういった発言があることに救われる。
    そして、自律・承認・夢...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月19日

    著者が描く理想の公務員像・役所像と自分のそれとが近く、かなり深い共感をもって読めた。

    公務員をテーマにした本は、霞ヶ関の官僚についてのものが多い(気がする)中で、市町村の職員にフォーカスを合わせている点も評価できる。
    安易な「民間の手法を官公署にも取り入れるべし」型の議論になっていないところも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月06日

    「組織は仕事をするためにあるもので、組織のために仕事をするのではない。」


    超やる気人間たちに共通することとして、自分が仕事の主役であるという意識を持っている。

    木村俊昭さん

    公務員の多くはどちらかというと受動的。仕事へのこだわりも強くない
    ゆえに、一人でもこのように目標が明確でアグレッシブな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月19日

    組織論の立場から、どうしたら公務員のモチベーションを向上させ、『スーパー公務員』を育てることができるか、ということについて論じている。

    説明がすごく理路整然としてて分かりやすいし、いくつかの自治体の成功事例を取り上げている点とてもおもしろい。かなりおすすめです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月25日

    公務員のモチベーション等について組織論の研究者が記した一冊。公務員という人的資源を活用するためには、批判ばかりでなく、モチベーション改善を行うこと、そして、公務員が「やる気」になることが、地域を良くするというの納得。そのやる気のためには、「自律」「承認」「夢」といいキーワードも理解できる。公務員にス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月23日

     「公務員革命」というタイトルから、公務員を目指している人や現在公務員として働いている人が多く読みそうだが、公務員なんてクソ食らえ!と思っている人にこそ読んでほしいと思った。
     公務員って、わりと褒めると伸びるタイプの集まりだと思うんですよ。公務員のやる気、引き出していきましょうよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月09日

    本書では、現行の地方自治体の人事制度の問題点を挙げ、どうすれば自治体職員の士気が上がる制度になるか、ということについて論じている。現行の人事制度は、個人を組織の中で管理する制度であるので、地域にとってプラスになる行為であっても、組織の行動原理から外れた行為を、職員が取りづらくなり、職員の士気が頭打ち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月20日

    経営学の観点から、公務員についてとても示唆に富み、分かりやすく説明している。今、自分の周りの例からも、これまで研究等で接した例からもとても納得出来る内容。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月19日

    経営学者である著者が経営学の観点から、公務員マネジメントや動機付けについて論じている。公務員を取り巻く厳しい世間の目、公務員制度改革で厳しくなった管理の中で、低くなった「やる気の天井」をどう突き破るか。やる気を出す方法について述べている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月22日

    今の自治体の「人事管理」の問題点、課題がよくわかる。自治体職員が外部で評価されるような風土を作ることはすぐにもできそう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています