トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ

トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

“食事量”や“食事内容”、“運動”より、「食事の回数」がはるかに重要だと語るのは、
世界的な減量医師のジェイソン・ファン氏。
「同じ食事量であっても、食べる回数が少ない人は圧倒的にやせやすい」と指摘する同氏は、
その背景に「肥満ホルモン」の存在があると明かします。
どんなに健康的な食べ物でも、またどんなに少量であっても食べる回数が多いと、
「肥満ホルモン」がたくさん分泌されて細胞に糖がたまり、脂肪も体にたまっていくのです。
そして恐ろしいことに、肥満ホルモンの分泌量が多くなると、体内に存在する「体重の設定値」も高くなることに。
こうなると、たとえ食事量を抑えたり運動したりして体重を一時的に落とせたとしても、
すぐに体は「高くなった設定値」に体重を戻そうとします。

本書では、そんな肥満ホルモンの分泌を効果的に抑える方法として、
カナダ・トロントの減量専門機関で絶大な効果を上げている「間欠的ファスティング」を公開。
この方法なら食事回数が無理なく減らせて体重設定値を低くでき、
空腹感もなく、太りにくい体質へとホルモンレベルで変化します!

(本書で明かされる、肥満と減量の真実↓↓)
・「カロリー」を削っても減量効果は得られない
・「野菜をたっぷり食べる」に潜む大きなデメリット
・「糖質制限」をしても思ったほどやせない理由
・「1日6杯までのコーヒー」には減量効果あり
・「枝豆」を食べると、糖が体から排出される etc…。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / ファッション・美容
出版社
サンマーク出版
ページ数
463ページ
電子版発売日
2019年01月08日
紙の本の発売
2019年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月02日

    精製された糖を取るとインスリン感受性が低くなり満腹感を得られなくなり、食べる回数が増えて太るサイクルに入ってしまうことを知って子供に申し訳ない気持ちになりました。精製炭水化物、砂糖はなるべく減らした食事を取って、ファスティングを取り入れた生活を試してみて、体調より良くなれば続けてみようと思います

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月13日

    人はなぜ太るのか。太る真実、ダイエットの真実が分かる。根本的な部分を解決してくれるので、今後太らないカラダための大きな助けになる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月26日

    とても、興味深く読めた。
    結論に至るまでの過程を丁寧に追えるので、納得できた。これでもかと、これまでの様々な研究などからのエビデンスやそのデータたちが多く、けれど分かりやすく紹介してくれているので、面白かった。

    カロリーより、血糖値より、インスリン値!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月25日

    最初は専門的な用語が多々あり、難しくて読むの大変かなぁと思ったが、豊富なエビデンスやあるある事例に、すぐに引き込まれ、一気に読めた。弊方、最近ちょうどダイエットに成功し、運動と共に食事の内容にも気をつけてきたので、目から鱗で、そうそうと思う事も多々あった。ただ、結局、ファスティング最強と言う結論。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月14日

    要するに、14時間程度のショートファスティングを週一で痩せちゃうよって話なんだけど
    数字や事例に触れることでファスティングに対して手触りが出てくる。「誰かが言ってるから」じゃなくて、自分でいいものを見つけた感覚。
    オートファージ系の(学者系著者の)本で、知識を追加するともっと手触り出てくるのでオスス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月14日

    今までのダイエット方法について、科学的になぜうまくいかないかを説明し、間欠的食事を勧め、断食のよさを実証データをもとに説明しており、説得力のある中身でした。

    以下、参考になった部分です


    食事は量より内容が重要
    さらに何を食べるかより何回食べるかか重要

    肥満はホルモンが原因
    ホルモンバランスが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月03日

    この本をよんで、太る原因は一つではないこと、どれだけ砂糖や加工された炭水化物が良くないかということ、そしてインスリンや糖尿病についてよく分かった!
    私にとって、ダイエットへの意識、取り組みを大きく変えてくれた良本だった。

    ただ、本の構成は最悪。笑
    回りくどいし、もっとスマートにまとめられたと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月12日

    世界最新の太らないカラダ
    最も信頼できる5ステップ
    ステップ1 添加糖の摂取を減らす
    ①デザートを変える
    いちばんいいデザートは新鮮な季節の果物、あるいはナッツ類やチーズを少し食べるのも、満足感を得ることができるし、砂糖が添加されている心配もない。カカオが70%以上含まれているダークチョコレートを適...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月03日

    肥満とは多因子であり、従来のユニークな減量方法では再び太ってしまう。多因子をカバーすべく、食べ物とタイミングを治す。添加糖、小麦や白米、たんぱく質を減らして、良い脂肪と食物繊維を取る。食べるタイミングは、インスリンを下げることを重視して断食をする。断食は体の機能回復や生活をシンプルにすることも可能。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月30日

    ダイエットに役立った本。

    読もうと思ったのは、ダイエットで停滞期を乗り越えたかったから。ダイエットで1ヶ月くらい体重が減少しなかったことから、何か変えてみようということでこの本を手に取った。

    書かれてあったのは、あらゆるダイエットで体重が落ちないのは、インスリンを働かせているからということだった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 暮らし・健康・美容

暮らし・健康・美容 ランキング