トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ

トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

“食事量”や“食事内容”、“運動”より、「食事の回数」がはるかに重要だと語るのは、
世界的な減量医師のジェイソン・ファン氏。
「同じ食事量であっても、食べる回数が少ない人は圧倒的にやせやすい」と指摘する同氏は、
その背景に「肥満ホルモン」の存在があると明かします。
どんなに健康的な食べ物でも、またどんなに少量であっても食べる回数が多いと、
「肥満ホルモン」がたくさん分泌されて細胞に糖がたまり、脂肪も体にたまっていくのです。
そして恐ろしいことに、肥満ホルモンの分泌量が多くなると、体内に存在する「体重の設定値」も高くなることに。
こうなると、たとえ食事量を抑えたり運動したりして体重を一時的に落とせたとしても、
すぐに体は「高くなった設定値」に体重を戻そうとします。

本書では、そんな肥満ホルモンの分泌を効果的に抑える方法として、
カナダ・トロントの減量専門機関で絶大な効果を上げている「間欠的ファスティング」を公開。
この方法なら食事回数が無理なく減らせて体重設定値を低くでき、
空腹感もなく、太りにくい体質へとホルモンレベルで変化します!

(本書で明かされる、肥満と減量の真実↓↓)
・「カロリー」を削っても減量効果は得られない
・「野菜をたっぷり食べる」に潜む大きなデメリット
・「糖質制限」をしても思ったほどやせない理由
・「1日6杯までのコーヒー」には減量効果あり
・「枝豆」を食べると、糖が体から排出される etc…。

ジャンル
出版社
サンマーク出版
ページ数
463ページ
電子版発売日
2019年01月08日
紙の本の発売
2019年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月14日

    要するに、14時間程度のショートファスティングを週一で痩せちゃうよって話なんだけど
    数字や事例に触れることでファスティングに対して手触りが出てくる。「誰かが言ってるから」じゃなくて、自分でいいものを見つけた感覚。
    オートファージ系の(学者系著者の)本で、知識を追加するともっと手触り出てくるのでオスス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月14日

    今までのダイエット方法について、科学的になぜうまくいかないかを説明し、間欠的食事を勧め、断食のよさを実証データをもとに説明しており、説得力のある中身でした。

    以下、参考になった部分です


    食事は量より内容が重要
    さらに何を食べるかより何回食べるかか重要

    肥満はホルモンが原因
    ホルモンバランスが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月14日

    The Obesity Codeの表題の通り,肥満の謎について解明を試みた本.
     手っ取り早く実践したい方は「食べるべき物」と「食べるべきタイミング」を把握し実生活に取り込んでみると良い.大雑把に述べると「粉より粒,加工品よりは未加工品,砂糖や果糖を直接食べるな」「間欠的なFasting(断食)をせ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月17日

    とてもためになった。実際ダイエット本や健康に関する書籍はそれこそ星の数ほど出版されていますが、結局の所、自分に合う本、信じられる本を良しとするしかないかと思います。この本は残酷なほど現実?をつきつけてくれます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月06日

    結構専門的な言葉が沢山出てくるのにすごく分かりやすくて、そして面白かった。理屈を知ればダイエットは試しやすくなる!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月23日

    ダイエットに関する本はこれまで色々と読んできました。この本に書いてある通り、どのやり方も間違ってはいないけれど、長続きしない、効果が限定的だと実感していました。そのたびに、自分の意志の弱さを認めていたのですが、この本にも同じようなことが書かれていました。

    隣駅の本屋さんで久しぶりに行きましたが、そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月19日

    これはかなりの良書。
    おもしろくて、一日で読み終えた。

    カロリーが肥満の原因ではなく、インスリンの過剰分泌と、インスリン耐性の上昇が肥満の原因。

    インスリンは炭水化物とタンパク質により分泌されるが、タンパク質は同時に満腹感も満たすため、まだまし。炭水化物はいくらでもくえるので、まずい。
    脂肪は関...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月16日

    辛辣なレビューが多かったけど、読んでみたらむちゃくちゃ良かった。太るメカニズムがよく理解できたし、諸説あるダイエット論のナゼ?も解消できた。
    インスリンを増やさない食生活をすること、インスリン抵抗性を下げるファスティングを取り入れること、というのが解決策。
    読めば読むほど砂糖と加工品が怖くなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月19日

    従来のダイエットでは何故駄目なのかが、わかりやすく書いてある。
    ホルモンバランスを整えること。が大事らしい。
    ファスティングは良いものらしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月03日

    太らないカラダになるための方法を、信頼できるエビデンスを元に、科学的に解説してくれています。

    ポイントはカラダの機能を見極めること。
    そのキーワードが「ホメオスタシス」「インスリン」です。

    ・何を食べるかよりも、何回食べるかの方が大事
    ・血糖値よりもインスリン値にフォーカスする

    人が自分の意思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています