観念的生活
  • NEW

観念的生活

作者名 :
通常価格 756円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

カント哲学の専門家であり、闘う哲学者と言われる著者の日々、ひたすら思考する。
「私が存在するとはいかなることなのか」「善悪とは何であるのか」「私は死後どうなるのか」と自らに問う。
デカルトの「これらの問いをまったく発しない人は稀であろう。では、それにもかかわらず、なぜほとんどの私は思惟する、よって私は存在する」という命題に疑問を持ち、『純粋理性批判』などのカントの著作をもとに答えを見つけようとする。
問い続けることは苦しみだが、それが哲学することだという。
「このすべてを認めた上で、それでも問い続ける人がいる。
その内の多くは、岩のような問いをほんの僅かでも自力で熔解していくことが無性に楽しいからである。
究極的真理には達しなくとも、真理に一ミリメートルでも近づくことが他の何にも換えがたい喜びだからである。」という言葉に、哲学者としての著者の実像がある。

ジャンル
出版社
シティブックス
電子版発売日
2018年12月28日
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年11月02日

06~07年にかけて文學界で連載された、氏の日記風思考記録。
死とは、無とは、私/他者とは、時間/今とは…etc
デカルトやカント、サルトルやその周辺の先行研究を踏まえつつ、論が進んでいく。

うーん…基底となる知識・教養や物事を論理的に追っていく力が無いと、難しかったなー
けど面白かった。 ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月08日

あとがきによるとこれは日記風小説らしい。そうであればまぁ腹も立たない?自分の人生には何の意味もない、自分が書いた本もなんの意味もない、らしい。まぁ意味があるかどうかを判断するのは読み手なんだからいいとして、そういう本の収入が作者に入ると思うと…内容は14章 ニヒリズムにおけるニーチェについての違和感...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています