灰の轍 警視庁文書捜査官

灰の轍 警視庁文書捜査官

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

遺体の傍に、連続殺人計画のメモが見つかった!さらに、遺留品の中から、謎の暗号が発見され――。連続殺人を食い止めるため、捜査一課文書解読班を率いる鳴海理沙が、メモと暗号の謎に挑む!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2018年11月22日
紙の本の発売
2018年11月
サイズ(目安)
3MB

灰の轍 警視庁文書捜査官 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月02日

    警視庁文書捜査官シリーズ、4作目。

    今回から、文書解読班にIT担当の若手捜査官が加わることに。シリーズを重ねるにつれてチームが出来上がってきている感じ。鳴海も含め、夏目も初登場時の印象はいまいちだったけど、意外とキャラに好感を覚えてきたので、シリーズとして読み進めやすくなったかも。エピソード・ゼロ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月22日

    シリーズ第4作で、波瑠と鈴木京香で連ドラ化されたもののシーズン2の初回2時間スペシャルの原作になるが、ドラマ化で結構変わってる部分は多い。シリーズとしては、第4作でようやくチームが固まって来たかな。まあ、麻見さんらしい作品

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月25日

    麻見和史『灰の轍 警視庁文書捜査官』角川文庫。

    テレビドラマにもなったシリーズの最新刊。書き下ろし。テレビドラマを観ると登場人物をイメージしやすくなり、親近感が増すためか、小説が一層読みやすくなるようだ。

    独居老人の絞殺死体の傍らで見付かった殺人計画のメモを手掛りに鳴海理沙が率いる文書解読班の面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月12日

    独居老人の絞殺体の側に殺人計画らしきメモが見つかり鳴海達文書捜査班が担当する事になる。今回はパソコン内の情報も文書という事で新たにITに詳しい谷崎も加わって捜査開始。妻を火事で亡くしていた老人は最近ある調べ物をしていたようだがそれは事件と何か関係があるのか?一作目では解読能力だけだった鳴海が部下を率...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月19日

    理沙が徐々に変化しており、リーダーらしくなってきている。
    事件の背景はそれ程、複雑なものではなく、読んでいる過程で大枠は想像できる。そこに至る色々な伏線を自然に回収していくのは作者ならではかと。
    嫌味な上司が1人増え、今後どのように絡んでくるのだろうか 

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月20日

    今作品は、犯人目線の描写が少なく、チーム内の人間関係が中心に書かれていた。
    1人1人のキャラが濃くなってきて、ストーリーが軽やかになっている気がします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月26日

    夏目キター!!
    ドラマに出た波瑠さんも出ました
    前回、エピソードゼロに書かれていなかったからドラマ独自のキャラかと思っていました

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月08日

    7月-8。3.0点。
    文書捜査官シリーズ。
    老人が自宅で絞殺される。捜査に加わるチーム。
    遺体のそばには、殺人計画と思われるメモ。3件記入あり。
    防げるのか。

    サラッと読める。チームのキャラが立ってきたので読みやすい。結末は少し哀しい。
    次作も期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月23日

    絞殺体の傍らに、殺人計画のメモが―。鳴海理沙率いる文書解読班に、出動命令が下る。理沙は、新たに見つかった「ゆにぞんころすげきやくしたい」との切り貼り文とともに犯人を割り出そうとするが、うまくいかず捜査は混迷を極める。一方、解読班のサブリーダーとなった矢代の必死の捜査で、被害者の甥が重要参考人として浮...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年02月17日

    面白かった。文書捜査官になりたい笑。
    でも「ISO9000」くらいすぐわかるだろう、、、とか突っ込みたくなるシーンが多々。なので☆3。次作に期待!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています