マダラ 死を呼ぶ悪魔のアプリ

マダラ 死を呼ぶ悪魔のアプリ

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
紙の本 [参考] 726円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

そのアプリを絶対に開いてはいけない。殺人アプリが世界中で猛威を振るう! 三人の大学生が互いに殺し合う不可解な事件が発生した。被害者は「マダラ」という謎のアプリをスマートフォンにインストールしていた。警視庁捜査一課の刑事・安達はやがて、“そのアプリを開いた者は、人を殺さずにはいられなくなる”という仮説にたどりつく。警察が対策を講じようとしたその時、「マダラ」が目覚め、世界に大混乱をもたらす──。全国書店員から反響続々! 謎が謎を呼ぶ衝撃のノンストップサスペンス。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
344ページ
電子版発売日
2018年11月02日
紙の本の発売
2018年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

マダラ 死を呼ぶ悪魔のアプリ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年11月24日

    リングっぽいか?
    アプリを入れて見てしまったら、その後の人生抗えない……。こ、怖いよ。うまい話には乗らない、固く決心。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月16日

    映像を見るだけで殺人衝動を与えるアプリ「マダラ」。このアプリは、バージョンアップを繰り返して全世界へと広まっていき、世界に大混乱をもたらす。

    鈴木光司さんのホラー小説「リング」を現代風にアレンジしたようなお話でした。ウイルス変異とアプリのバージョンアップを上手く掛け合わせているところが面白かった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    【マダラ】と聞いて心に浮かぶものは田島昭宇の魍魎戦記マダラ 関連作品かと思って手に取ってみる。
    文庫の裏書きを読んでみると『リング?』と思って買ってみることに。

    実際に読んでみるとホラーなのかサスペンスなのかパニックなのかscience fictionなのか展開と主人公達の入れ替わりに翻弄される...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月25日

    む〜ん...(^ ^;
    「どっかで見たことのあるネタの
     寄せ集め・切り貼り感」が(^ ^;

    巻末の解説には「単なる切り貼りではない」
    という主旨のことが書かれておりますが...(^ ^;
    私としては「あちこちちょっとずつ手を伸ばしてたら
    結果的にものすごく薄っぺらくなった」ような印象(^ ^;
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月19日

    単純に好みじゃなかった。
    もしかしたら、この先現実に起こりうるような出来事なのかもしれないけれど、イマイチのめり込めなくて・・・。ラストも壮大すぎてちょっとマダラと直結した感じがしなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月22日

    実際に人間を殺したくなるアプリの作成が可能かどうかは別にして、非常に面白かった。結果的に、マダラが人間を助けたと言う落ちの方が良かった気がするが……

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月24日

    テーマとしては面白い。たださんざん引っぱった「天に光が満ちる日」とマダラの関係がいまいちはっきりしないし、ラストもあっさりしすぎです。ちょっともったいない1冊だったかな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年02月06日

    「モニター募集+お金がもらえる」で、インストール。そこから地獄が始まる。
    脳、視覚、聴覚、心は騙されやすい。
    現実でも、絶対ないとは言えない世界観。
    こういったものを読むと、説明書とか規約とか、誰がつくってどんな会社なのかなど、ちゃんと知らなきゃなと思う。
    昔でいうところの、点滅を繰り返して視聴者に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング