NORTH 北へ アパラチアン・トレイルを踏破して見つけた僕の道

NORTH 北へ アパラチアン・トレイルを踏破して見つけた僕の道

作者名 :
通常価格 2,090円 (1,900円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「僕にはまた向かう先ができた。NORTHだ」ウルトラランナー界のレジェンドが、復活を懸けて新たな挑戦に立ち向かう。だれよりも速く、だれよりも遠くへ。アパラチアン・トレイル(3,500km)を北上して、最速踏破記録を樹立するための激闘の日々──。いつしか、それはもっと深い意味を帯びた探索の旅へと変わってゆく。
■解説:角幡唯介氏(探検家)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
NHK出版
ページ数
376ページ
電子版発売日
2018年09月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
34MB

NORTH 北へ アパラチアン・トレイルを踏破して見つけた僕の道 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年03月10日

    自分もランニングやマラソンに加えて、トレイルランをやっている。
    スコット・ジュレクとは比べるべくもないが、トレイルランはロードより、更に自分に向き合うことができると感じている。
    自然に身をおき、家族や友人のことを想い、走り終え、家に帰ってから優しくなっている自分に気づく。

    自分も40歳を過ぎてから...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月13日

    100マイルレースであれほどの実績を誇る世界トップクラスのトレイルランナーでも、ここまでの心身のダメージを負うんだ…というのが率直な反応だった。
    そして、多くの人のサポートを受けて、文字通り満身創痍の状態になりながら完歩して成し遂げた新記録が、従来のものを僅かに(と簡単に言ってしまうのも咎めるが)3...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    3500kmを46日で走破するには、体力、気力ではなくて、友人力が必要だ、ということがよく分かった。角幡唯介の解説が秀逸だ。ほぼ本文と同じぐらいの内容がある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月17日

    史上もっとも偉大なウルトラマラソンランナーのひとりであるスコット・ジュレクが「レースから引退する」と公言していた40歳になった時、自分はどうなりたいのかをかけて挑んだアパラチアントレイル。総延長2189マイルのFKTを目指したスコットと妻ジェニーのまさに魂の記録。睡眠時間を削り、自分の肉体のタンパク...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月17日

    アメリカ東部の自然歩道アパラチアン・トレイル、走行距離3,500kmの最短記録を目指したノンフィクション。
    ランナー、特にトレイル・ランナーならば人間が限界点に達しそうなとき、どのような精神状態に陥るのか、どうすれば平静を保つことができるのか勉強になる。
    トレイルランというそのランナー自身の一過性の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月20日

    ウルトラマラソンやトレイルマラソンのランナーが、約3500kmのアパラチアントレイルを走って、最速記録を更新しようと挑戦した時のレポートのような本。

    全盛期ではないが、過去の栄光に満足せずに新しい挑戦に向かうのはすごいと思ったが、並行して綴られる奥さんのレポートを読んで、そんなに単純な話でもなくて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月12日

    アパラチアン・トレイル(AT)約3500キロ ブラッド・マウンテン原野という名前が戦争に由来していることは知っていた チェロキー族とクリーク族 道標遠見逃すな! 映画『コールド・マウンテン』 ノースカロライナ州のグレート・スモーキー山脈を横断する 運命を甘受し 苔むした岩と針葉樹で覆われている 素晴...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月04日

    山を登っていると、トレイルランの人に出逢う。自分には出来ない事をやっている人への憧れと羨ましさが混じった感情。その達人のアパラチアントレイル。こんなに素早く移動出来たら良いのに。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月26日

    走ることを趣味にしているのでその興味で読んだが週末のランニングやフルマラソンとは全く別の世界だった。フルマラソン以上の距離を毎日走ったり歩いたりし続けるというのは想像できるけど実感できない。トレイルネームを持った仲間たちが入れ代わり立ち代わりサポートしていく様はまるで筋書きのあるドラマ(もしくはRP...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年08月08日

    今年度ベスト1候補。断トツスゲーノンフィクションである。

    あの「EAT&RUN」の主人公、ウルトラマラソン、100マイルトレイルで数々の驚愕記録を打ち建てた、レジェンドランナーのスコット・ジュレクとその妻ジェイルーの新たなる挑戦。
    年齢を重ね、レース第一線から身を引いたジュレクが挑む、アパラチアト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています