EAT&RUN 100マイルを走る僕の旅

EAT&RUN 100マイルを走る僕の旅

作者名 :
通常価格 1,676円 (1,524円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

彼はなぜ、完全菜食主義者にしてウルトラマラソンの王者に君臨し続けたのか?ベストセラー『BORN TO RUN』に登場し、世界中のランナーを魅了しつづけるランニング界の「生ける伝説」が初めて明かす、食べること、走ること、そして生きること。極限を求め続けたランナーの魂の彷徨、ニューヨークタイムズ・ベストセラー!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
スポーツ・アウトドア / スポーツ
出版社
NHK出版
ページ数
368ページ
電子版発売日
2013年09月06日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
9MB

EAT&RUN 100マイルを走る僕の旅 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月31日

    2020/8/31

    100マイル(約160キロ)

    ウルトラマラソンランナーのスコット・ジュレクさん。
    100マイル以上のレースも多々あり、また24時間でどれぐらいの距離を走れるかを競うレースもある。同じところをぐるぐる回って拷問のようなレース!

    日本では2013年にこの本は発行されたが、201...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月16日

    デスヴァレー死の谷 深い謙虚さに裏打ちされた揺るぎない自信が必要 いっぱしの男 ミネソタ州ミズーリ ケーキ野郎 クロスカントリー シアトル ビーガン ミックストレイル 大豆 タラウラマ=ララムリ メキシコ 馬 ウエスタンステイツ100 武士道 比叡山の僧侶 ロウフード バットウォーター ZONE ア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月07日

    ようやく読めた。ランニング関連本第二弾。(Born to Runに続いて)

    物凄く感じることがあった本。
    早くも今年1番か?

    走ることや食べることもこの本ではとても大事な内容なんだけど、文章自体からスコットジュレクの人となりが伝わってきて、引き込まれる。

    前半のレーサーとして、頭角を表し、試行...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月03日

    BORN TO RUNに続いて名著。改めて食とトレーニングについて考え直す。自分の身体はすべて自分が食べたもので出来ているのだという当たり前のことを思い出した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月25日

    ウルトラマラソン界のスーパースターであるスコット・ジュレクが半生を綴った自伝。
    多くの悩みや葛藤をかかえながら、数々のレースに挑み、乗り越えていく心の叫びがストレートに表現されている。
    恐ろしいほど精神的にタフであり、怪我しても走るのはモチロン、骨折したまま走って優勝してしまう事もある。
    また、頭が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月18日

    この人、どんだけ根性あるんだ!なんだか、読むと頑張ろうって気になります。
    菜食レシピやマラソンコラムも参考になりました(*´ω`*)まあレシピはまず作らないだろうし、あんなにしっかり食事をコントロールはできないけど、ちょっとマネしたくなっちゃうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月17日

    読んでいて、走りたくなる本でした。

    ベジタリアンでもウルトラマラソン走るのに十分な栄養を取れるというのは、意外でしたが、
    著者がベジタリアンで、ウルトラマラソンの大家でもあるというのが、この本を読んだら納得でした。
    野菜からでもタンパク質は取れるし、植物性の油からエネルギーも取れる。
    巻末にベジタ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月28日

    フルマラソンの42kmで、膝が痛いとか言っている場合じゃない。ウルトラマラソンの伝説のランナーの自叙伝とも言えるこの本を読むと、そんなことはたいしたことではないと思えてくる。完全菜食主義で、これだけ走れる裏には、こんな風に考え、トレーニングし、実際のレースでもこんなことを考えているのかと。2週間ほど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月22日

    クリストファー・ マクドゥーガル の 「BORN TO RUN 走るために生まれた ―ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族” 」の登場人物スコット・ジュレク の本。カラー写真入りで、 「BORN TO RUN」を理解する上でも重要。今後の僕の「食」に影響を与えそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月16日

    ウルトラ界の伝説的ランナー「スコット・ジュレク」の半生。
    ジュレクのレースとの向き合い方や、生きることや食べることなど彼の人間性に深く共感しました。
    以前から気になっていた「BORN TO RUN」
    是非読んでみたいと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています