デイヴィッド・コパフィールド 五
  • 最新刊

デイヴィッド・コパフィールド 五

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

失踪していたエミリーがとうとう姿を現した。そんなとき、日増しに衰弱していたドーラが、とうとうあの世へ旅立った。エミリーから託されたハムへの手紙を持ってヤーマスへ向かったデイヴィッドであったが、折しも嵐が襲いかかり、怒号する大海原に難破船が浮かんでいるとの話を耳にする…。(全5冊完結)

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波文庫
ページ数
449ページ
電子版発売日
2018年08月16日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
5MB

    Posted by ブクログ 2018年12月29日

    ついに読み終わってしまった。
    面白かった!読み終わるのが勿体ないくらい。
    普段読むのは漫画ばかりの私でも、頁を繰る手が止まらずに、5巻まで飽きることなく読むことができた。
    父から大河ドラマだよ〜と聞かされていたけど、本当にそう。
    150年も昔に書かれた大河ドラマ、当時のイギリスの街並みや観念、社会の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月15日

    小説ってやっぱり面白いんだな~と安心する。
    作中、コパフィールドが昔馴染みから「あんたの小説は眠くならない」と評されて、それは大切なことだって再認識する箇所があるが、その通りこんなにも長大な小説なのにいっぺんも眠くなるような難所はなかった。

    それはどうしてか、考えるにつけて。
    ひとつには非常にドラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月08日

    ディケンズの大作の最終巻。にっくきヒープをいてこまし、ついでにミコーバーさんの大噴火もあり、アグネスが開放される。それに続き愛すべき多くの人々の死、ドーラ、ハム、スティアフォース。気丈にベゴティー伯父とエミリーとミコーバー一家をオーストラリアに送り出すが、コパフィールドはうつ状態に。しかしそんなかん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年08月03日

     遂に完結! 最後の5巻はすべての伏線を回収して,基本的に良い人には幸せが,悪人にはそれ相応の報いが訪れる(例外もあるが).そうか,謎のキャラクターのミコーバー氏の役割はそういうことか.
     ディケンズのお話の常で,やや主人公のキャラクターが薄く,基本的に周りの出来事に翻弄されることによってストーリー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • デイヴィッド・コパフィールド 一
    本書は、モームが世界の10大小説の1つに選び、ディケンズ(1812-1870)自身も「自分の作品中、最も好きなもの」と語っている作品。自伝的要素の濃い作品で、個性的な登場人物が多数登場し、ユーモアとペーソスが全篇にわたって満ちあふれている。物語は大らかにゆったりと展開し、読書の醍醐味が存分に味わえる。新訳。(全5冊)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • デイヴィッド・コパフィールド 二
    つらい境遇に耐えられなくなったデイヴィッドは、唯一血のつながりのある伯母をたよって、その家になんとか辿り着いた。そこで新生活を始めたデイヴィッドは、やさしいアグネスや、こびへつらうユライア・ヒープなどと出会う。そして、スティアフォースやエミリーとも再会を果たすのだった。新訳。(全5冊)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • デイヴィッド・コパフィールド 三
    ローマ法博士会で働きはじめたデイヴィッドは、少女のようにあどけなく、愛らしい女性ドーラと出会い、すっかりその虜になってしまう。そして、セーラム学園時代の旧友トラドルズとの再会を果たしたデイヴィッドは…。典型にまで造形された登場人物が入り乱れ、ディケンズならではの作品世界が躍動する。新訳。(全5冊)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • デイヴィッド・コパフィールド 四
    ドーラの父親が突然の死に見舞われ、ドーラが窮状にあることを知ったデイヴィッド。自分がしっかりしなくては、と安定した生計の資を得るべく速記法の習得に死に物狂いの奮闘をする。そして、ついに念願だったドーラとの結婚を果たすものの、ドーラは家政能力がまるでなく、デイヴィッドは一抹の不安を覚えるのだった…。(全5冊)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • デイヴィッド・コパフィールド 五
    失踪していたエミリーがとうとう姿を現した。そんなとき、日増しに衰弱していたドーラが、とうとうあの世へ旅立った。エミリーから託されたハムへの手紙を持ってヤーマスへ向かったデイヴィッドであったが、折しも嵐が襲いかかり、怒号する大海原に難破船が浮かんでいるとの話を耳にする…。(全5冊完結)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています