猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第2巻 ペルソナ 三島由紀夫伝

猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第2巻 ペルソナ 三島由紀夫伝

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

作家の内なる「日本の近代」を掘り起こす卓見の三島論。

日本の文学史の書き直しを企図した「評伝三部作」のひとつ、『ペルソナ 三島由紀夫伝』(1995年11月文藝春秋刊行、99年11月文春文庫)を収録。

三島由紀夫を生んだ平岡家は、明治期から三代にわたる官僚の家系。大蔵省をわずか9か月で辞めて文壇に転身した三島の作品にも、一族に脈々と流れる官僚の血が顔を覗かせるとの観点から、衝撃的な割腹自殺までの道程を丹念に検証。作家の無意識層に横たわる「日本の近代」を掘り起こす。独自の着眼点が冴えわたる卓見の三島論。

巻末の「解題」には、吉本隆明氏との対話「三島由紀夫と戦後50年」(『週刊ポスト』1994年12月2日号初出)、岸田今日子氏との対話「25周年 最後の秘話」(『オール読物』1995年12月号初出)、三島由紀夫文学館初代館長を務めた佐伯彰一氏との対話「ペルソナの真実」(『諸君!』1999年12月号初出)を収録。また、三島自決から25年の機に猪瀬が発表した「三島が憎んだ価値相対主義」(『読売新聞』1995年11月22日初出)、「『戦後』を終わらせた作家とエコノミストの人生」(『文藝春秋』1995年12月号初出)の記事のほか、『決定版 三島由紀夫全集7』(2001年新潮社刊行)への寄稿文、雑誌・新聞に掲載された書評など多数収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
小学館
シリーズ
猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」シリーズ
ページ数
448ページ
電子版発売日
2018年08月03日
紙の本の発売
2001年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第2巻 ペルソナ 三島由紀夫伝 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年09月29日

    祖父、父と続く官僚の三代目として産まれた三島由紀夫は本人も父の命により官僚となるが、半年で退職し作家になる。この本の面白いところは三島由紀夫を官僚家系としての視点で見ている点にある。それから、圧倒的な取材による事実の蓄積により実際の三島由紀夫像が浮かび上がる面白さもある。
    絶対にヒットさせたかった長...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年02月23日

    祖父から続く高級官僚の家系に育ち、自分も大蔵事務官であった三島由紀夫を父系から見つめ直し、三島の生き方、作品、時代、そして、官僚政治について考察している。

    三島の自決は官僚機構への抗議だったのか。

    決して平易な内容ではないが、三島が作品で描いた不条理は、未だ続く官僚政治の不条理でもあるように思え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」 のシリーズ作品 1~16巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~16件目 / 16件
  • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第1巻 構造改革とはなにか 新篇 日本国の研究
    日本の官僚システムに大きく切り込んだ記念碑的作品。道路公団改革の原点。 収録作の「構造改革とはなにか」は、日本の官僚システムに大きく切り込んだ記念碑的作品。著者は、日本政治の構造欠陥を見抜き、本書がきっかけとなって道路公団改革に深く関わっていく。 本書前半は書籍『日本国の研究』(1997年3月文藝春秋刊行)。後半には後に執筆された「増補 公益法人の研究」を収録した。附録に、著者に...
  • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第2巻 ペルソナ 三島由紀夫伝
    作家の内なる「日本の近代」を掘り起こす卓見の三島論。 日本の文学史の書き直しを企図した「評伝三部作」のひとつ、『ペルソナ 三島由紀夫伝』(1995年11月文藝春秋刊行、99年11月文春文庫)を収録。 三島由紀夫を生んだ平岡家は、明治期から三代にわたる官僚の家系。大蔵省をわずか9か月で辞めて文壇に転身した三島の作品にも、一族に脈々と流れる官僚の血が顔を覗かせるとの観点から、衝撃的な割腹自...
  • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第3巻 マガジン青春譜 川端康成と大宅壮一
    大正期を舞台に川端康成と大宅壮一の闘いを描いた青春群像。 日本近代文学史に新たな光を照射する「評伝三部作」のひとつ、『マガジン青春譜 川端康成と大宅壮一』(1998年5月小学館刊行、2004年9月文春文庫)を収録。 現代の情報化社会の原点ともいうべき大正時代の雑誌出版草創期を舞台に、ノーベル賞作家・川端康成とマスコミの帝王・大宅壮一の、不世出の天才が世に出るまでの闘いを描いた青春群像...
  • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第4巻 ピカレスク 太宰治伝
    新事実と精緻な推理を駆使し太宰の遺書の謎に迫った傑作評伝ミステリー。 日本文学史の固定観念に挑んだ「評伝三部作」のひとつ、『ピカレスク 太宰治伝』(2000年11月小学館刊行、2007年3月文春文庫)を収録。 新事実と精緻な推理を駆使し、太宰の遺書の謎に迫った傑作評伝ミステリー。 当代一の人気作家・太宰治は、なぜ遺書に「井伏さんは悪人です」と書いたのか。関係者から得た。師と仰いだはずの文...
  • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第5巻 ミカドの肖像
    近代天皇制に織り込まれたさまざまな記号を丹念な取材と世界的視座で読み解く。 全く新しい視点から天皇制を捉え直し、第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『ミカドの肖像』(1986年12月小学館刊行、1992年2月新潮文庫上下巻、2005年4月小学館文庫)を収録。 なぜ、皇族の土地にプリンスホテルが建っているのか? なぜ、オペレッタ「ミカド」は欧米で人気があるのか? なぜ、明治天皇の「御真...
  • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第6巻 土地の神話
    東京の都市開発を東急グループ五島慶太を軸に検証した近代日本論。 『ミカドの肖像』の続編として書かれ、「ミカド三部作」の一環をなす『土地の神話』(1988年11月小学館刊行、1993年5月新潮文庫、2013年2月小学館文庫)を収録。 「電車通勤」というごく当たり前のライフスタイルの背景には、東京の都市開発をめぐる理想と挫折の物語があった。ロンドン近郊の田園都市をモデルにした街づくり構想に取っ...
  • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第7巻 欲望のメディア
    テレビの正体を探り、ネット社会の到来を予見した画期的メディア論。 「ミカド三部作」の完結編『欲望のメディア』(1990年11月小学館刊行、1994年7月新潮文庫、2013年3月小学館文庫)を収録。単行本が刊行された1990年以降のメディアの変遷を追った増補「インタラクティヴな展開へ」(『週刊文春』の連載「ニュースの考古学」より9編のコラムで構成)を加えた完全版。 テーマとなるのは、戦後における新...
  • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第8巻 日本人はなぜ戦争をしたか 昭和16年夏の敗戦
    「模擬内閣」の結論は「敗戦必至」。しかし、戦端は開かれた――。 収録作の原題は『昭和16年夏の敗戦』(1983年8月世界文化社刊、1986年8月文春文庫、2010年6月中公文庫)。日米開戦の知られざる事実を掘り起こし、「記録する意思」を貫徹した、猪瀬直樹36歳、初期の力作。 開戦直前の昭和16年夏、「内閣総力戦研究所」に軍部・官庁・民間から集められた、将来の指導者たる選りすぐりのエリート36人。平均...
  • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第9巻 唱歌誕生 ふるさとを創った男
    文部省唱歌という「新しき伝統」はいかにして生まれたのか。明治の「夢」を追う。 収録作『唱歌誕生』(1990年6月日本放送出版協会刊、1994年5月文春文庫、2013年5月中公文庫)は、明治期に志を抱いて上京した、あるいは大陸に渡った人々の絢爛たる群像の中に、唱歌「故郷」誕生のドラマを描き出した抒情的手法が光る作品。 長野県の小学校教師だった国文学者・高野辰之と、鳥取県の没落士族の家に生まれ...
  • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第10巻 天皇の影法師
    天皇の死を通して日本近代の成り立ちを追った歴史ミステリー。 独自の視点による天皇制考察の端緒となった猪瀬直樹の処女作『天皇の影法師』(1983年3月朝日新聞出版刊、1987年8月新潮文庫、2000年1月朝日文庫、2012年4月中公文庫)を収録。 大正15年12月15日未明、天皇崩御のその朝、新元号を「光文」とスクープした世紀の誤報事件の顛末は? 歴代天皇の柩を担いできた「八瀬童子」とは何者か? 最晩...
  • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第11巻 日本凡人伝
    語っているのは、「あなたによく似た」ふつうの人々。 収録作『日本凡人伝』(1983年11月弓立社刊、1985年2月新潮文庫、2013年3月ちくま文庫)は、「日本の近代」を現場で作ってきた人たちの声を集めたインタビュー集。語っているのは、「あなたによく似た」ふつうの人々。 葬式中継アナウンサー、鉄道のダイヤを組む「スジ屋」、人の死期が臭いでわかってしまう化粧品会社の調香師……有名でも何でもない...
  • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第12巻 黒船の世紀 ガイアツと日米未来戦記
    数々の架空戦記はやがて現実の開戦と重なっていく――。異色の日本精神史。 収録作『黒船の世紀』(1993年6月小学館刊、1998年9月文春文庫、2011年6月中公文庫上下巻、2017年11月角川ソフィア文庫)は、近代日本を突き動かしてきた「ガイアツ」の本質に迫る、異色の日本精神史。黒船に始まる「ガイアツ」の歴史の中で日本人は何を考えてきたのか。 日露戦争後、太平洋を挟んだ日米両国間に対抗意識が芽生え...
  • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第13巻 道路の権力
    特殊法人問題の象徴というべき道路公団の解体に自ら挑んだ全記録。 電子著作集で新たに加わるラインナップとして、『道路の権力 道路公団民営化の攻防一〇〇〇日』(2003年11月文藝春秋刊、2006年3月文春文庫)を収録。 第1巻収録の『日本国の研究』で、この国の病巣たる特殊法人の問題を世に知らしめた作家が、その象徴ともいうべき道路公団の解体に自ら挑んだ全記録。 小泉内閣誕生直後、行革断行評議...
  • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第14巻 道路の決着
    『道路の権力』に続き公団民営化への5年にわたる戦いを描いた完結編。 電子著作集で加わったラインナップの一作。収録作『道路の決着』(2006年4月小学館刊、2008年7月文春文庫)は、第13巻収録の『道路の権力』に続き、道路公団民営化への5年にわたる戦いを描いた完結編。 小泉改革の象徴ともされた道路公団民営化は、2005年10月、高速道路会社発足の結実を見るが、そこに至るまでには壮絶な闘いがあっ...
  • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第15巻 二宮金次郎はなぜ薪を背負っているのか? 人口減少社会の成長戦略
    少子高齢化問題解決のヒントは江戸末期のゼロ成長期にあった。 電子著作集で新たに加わった一作。収録作『二宮金次郎なぜ薪を背負っているのか?』(原題『ゼロ成長の富国論』2005年4月文藝春秋刊)、改題して2007年8月文春文庫)は、二宮尊徳の改革手法に範をとる少子高齢化社会への提言の書。 国家の財政破綻、個人の年金崩壊など、多くの問題が懸念される少子高齢化社会。この混乱の時代に、経済と社...
  • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第16巻 ジミーの誕生日 アメリカが天皇明仁に刻んだ「死の暗号」
    占領期日本にアメリカが刻印した暗号の謎を追う昭和史ミステリー。 電子著作集のラインナップとして加わった一作。収録作『ジミーの誕生日』(2009年11月文藝春秋刊、2011年12月『東条英機処刑の日』に改題して文春文庫)は、占領期の日本にアメリカが刻印した暗号の謎を追う昭和史のミステリー。 昭和23年12月23日零時1分30秒、A級戦犯7人の死刑執行が開始された。その日は皇太子明仁の15回目の誕生日。...

猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています