公〈おおやけ〉 日本国・意思決定のマネジメントを問う

公〈おおやけ〉 日本国・意思決定のマネジメントを問う

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

作家生活40年の集大成!
「本書を読み終えるとき、読者はたった1字にこめられた意味をつかむことになるだろう」(本文より)

コロナウイルスに対する意思決定は、敗戦のあの日から何も変わっていないーー。
猪瀬直樹が今最も伝えたい、「私」の国・日本に欠けている概念(コンセプト)とは。
「他の国にはある公への意識が、この国には見られないのはなぜなのか」をテーマに、明治から令和まで、日本近代の風景を縦横無尽に描く! NewsPicks人気連載イノベーターズ・ライフを大幅加筆・修正のもと書籍化。

・文化芸術を大臣が「生命維持に必要な存在」と語るドイツ、「癒し」でしかない日本
・コロナウイルスで日本政府に決定的に欠けていた「文書主義」
・なぜ東京はロックダウンできなかったのか
・戦前と戦後は連続的につながっている
・「公」を描くカズオ・イシグロ、「私」に閉じこもる村上春樹
・「元号」にこだわり続けた森鷗外の公への意識
・「マーケット」を意識していた夏目漱石
・太宰治のスター願望は、現代ならお笑い芸人だ
・日本は戦前も戦後も「官僚主権」で変わらない

作家的感性をもって日本の官僚的無感性と戦い続けた猪瀬直樹が描く、この国の本質とは。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
ニューズピックス
掲載誌・レーベル
NewsPicksパブリッシング
ページ数
272ページ
電子版発売日
2020年07月08日
紙の本の発売
2020年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

公〈おおやけ〉 日本国・意思決定のマネジメントを問う のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年08月21日

    2020/08/21 猪瀬直樹 「公」
    日本国の課題は「国家中枢の欠落」という根本的欠陥
    日本国という組織は様々な「優秀な官僚組織」によって支えられ、運営されている。
    それは個々の組織の利益追求=部分最適に終始し、日本国全体の利益はおざなりにされる=全体最適の放棄 
    特に「負の配分」を伴う「新戦略」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月30日

    日本は行政機関がシンクタンクと執行機関を兼ね、国家ビジョンを官僚機構が作っている。
    本来であれば、独自で多様なメディア界が「公」であり、クリエイティブな人々がビジョンを作り、その下請けが行政機関であるべき。

    国のビジョンは文化の世界からつくられるものであり、行政はビジョンを執行する場。
    ビジョンを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月11日

    「公」という言葉を中心に考えを述べた後、自らの取り組みを自伝的に記した本。『昭和16年夏の敗戦』で述べた総力戦研究所の取組を現在のコロナ対応に当てはめ、同じような過ちを犯していることを説明し、その後、「公」と「私」の観点から近代文学を分析している。そして最後に、主として全共闘運動の議長としての活動か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月06日

    タイトルに示された「公」という概念を巡って、作家そして政治家である猪瀬直樹がそれぞれのこれまでの活動を振り返りつつ、今の社会で求められる「公」とは何なのかを論じた論考。

    新型コロナウイルスの対応で結果として諸外国のような膨大な死者数を出すことは防いだものの、そのマネジメントには批判されるべき点が多...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月22日

    猪瀬氏というと東京オリンピックの誘致を頑張ったけど不祥事があって退いたという印象と夏の敗戦の印象しかなかったんだけど、小泉内閣で行政改革をやってたり今は大阪府と市の特別顧問をやってたりで力のある実務家だった。
    日本では意思決定が密室でなされているから過程が不明でファクトとロジックに基づいているのか検...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています