保守と大東亜戦争

保守と大東亜戦争

作者名 :
通常価格 891円 (810円+税)
紙の本 [参考] 990円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

戦争賛美が、保守なのか? ――戦中派・保守論客たちの真意と体験。評論家・保阪正康氏推薦! 歴史の継承は、本質を浮かび上がらせる。そう痛感させる、刺激的な書である。【おもな内容】戦前の日本の立場に積極的な意義を見出そうとし、第二次世界大戦を東アジア解放のための「聖戦」だったとみなす「保守」派。しかし、戦争を賛美することが、いつから「保守」になったのか? じつは、戦前日本において保守論客は、軍国主義に抵抗し、批判の論陣を張っていた。あるいは、兵として軍の欺瞞を目の当たりにし、壮絶な暴力を経験したことで、軍国主義・超国家主義に強い嫌悪感を示していた。すでに鬼籍に入った、戦中派保守たちが残した言葉に向き合いながら、いま、最も注目を浴びる政治学者・中島岳志が、現代において真に闘うべきものはなにかを炙り出す。 【目次】まえがき/序章 保守こそ大東亜戦争に反対だった/第一章 戦争に導いたのは革新勢力である/第二章 戦争への抵抗/第三章 軍隊での経験/第四章 戦中派保守 最後の闘い/終章 保守の世代交代の果てに/あとがき

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
288ページ
電子版発売日
2018年07月20日
紙の本の発売
2018年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

保守と大東亜戦争 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月06日

    右=保守のイメージがあるけど、そうではない。
    もともと戦前の「保守」は今の自民党のような思想とは全く異なるものだった、ということ。
    人間を不完全な存在とみなし、人間の意思決定を全て理論的で正しいとする見方に懐疑的であることから保守思想はスタートする。

    “本来の保守はリベラルと価値観を共有する。この...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月10日

    180808 保守と大東亜戦争 中島岳志 ☆☆☆ 最も考えさせられる
    日本の精神は大きくブレる 戦前の超国家主義から戦後の左翼運動へ 思想がファッションになってしまっている
    「真の保守」が弱い 明治以降の股裂きのつけ 和魂洋才 何でもありへ
    ⇒本来の保守は「リベラル」という価値観を共有 「寛容」と「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月27日

    著者の「保守/革新」の捉え方は、様々な論考で一貫しており、納得できる。本書においては、竹山道雄についての論考が特に面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月30日

    保守と最近の右翼を区別なく漠然と使っていたが、そこには大きな違いがある事を再認識した。
    歴史の事実を直視することのできないエセ保守が大勢を占めてしまったことに非常に危機感を覚える。保守を標榜している方々、特に自民党の代議士はこの本を読むべきだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月06日

    そらまぁ五一五とか二二六とかやった連中が保守な訳ないしヒトラーやムッソリーニも保守な訳ない。革新=左でも保守=右でもない。まぁ今の政治家で保守本流ってたぶん枝野であって安倍やない。そう言う前提で、名前は知ってるけど詳しくは知らない保守の人たちの話を読むのはいろいろ考えさせられるところあり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月28日

    知らなかったことが多くて勉強にはなったが、真の保守派は大東亜戦争に反対だったのだ、ということしか伝わってこない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月20日

    いわゆる戦中派の保守派の論客と太平洋戦争との関りについて雄弁に語っているが、著者の講演を聞いてちょっとガッカリ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月03日

     保守論客とは結局のところ学者や思想家であって、戦前においては超国家主義(戦争)を、戦後においては左翼活動を止めることはできなかった。なぜ、超国家主義思想家(北、大川など)や左翼思想家が、社会の流れを作れたのに、彼らは作れなかったのか?その辺を知る必要があるか?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています