朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論

朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論

作者名 :
通常価格 850円 (773円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

今、日本の「リベラル」は世界基準のリベラリズムから脱落しつつある。
再び希望を取り戻すには、どうしたらいいのか?
若者が自民党を支持するワケからネトウヨの実態、リベラルの未来像まで、
世界の大潮流から読み解く、再生のための愛の劇薬処方箋!


目次

●PART1 「リベラル」と「保守」が逆転する不思議の国
1 安倍政権はリベラル
若者の「右傾化」は教育が悪いのか
不思議の国のアリス
変わらなければ生き残れない
3人の「ポピュリスト」
右傾化する「リベラル」政党
安倍政権は旧民主党のコピー
「一億総活躍」以外にどうしようもない社会
「リベラル」の欺瞞

2 リベラル化する世界
三位一体の巨大な潮流
「右傾化」というバックラッシュ
アメリカでは「人種差別」は減っている
今の男性は1970年代の女性よりフェミニスト
リベラルは勝利したことで敗北する
日本でも「リベラル化」は進んでいる

●PART2 アイデンティティという病
3 「ネトウヨ」とは誰のことか
非マイノリティポリティクス
「白人至上主義者」はネトウヨ
「人種差別」をしないレイシスト
「絶望死」する白人たち
日本人アイデンティティ主義
「在日認定」とはなにか
離島は「乗っ取れる」か
誇るものの価値

4 正義依存症と愛国原理主義
「俺たち」と「奴ら」
「正義依存症」のひとびと
「愛と絆」による差別
思想的リーダーの誕生
右派論壇のポストモダンとエンタメ化
右派論壇の「愛国原理主義」
愛国の哲学者
右翼と「愛国リベラル」
「加害」と「被害」の非対称性
“右傾化”の正体

●PART3 リバタニアとドメスティックス
5 グローバルスタンダードの「リベラル」
「己の欲せざるところ、他に施すことなかれ」
ダブルスタンダードの罠
リベラルの「理想社会」
リベラルを懐疑する「保守」
無知のヴェールと「格差原理」
チンパンジーにも「正義」はある
4つの政治思想
サイバーリバタリアン
知性主義と反知性主義

6 「保守」はなぜ「リベラル」に勝つのか
チキンで性行為をすることは許されるか
6つの道徳基盤
「保守派部族」と「リベラル部族」
アイデンティティとしての政治
ビヨンセはなぜアメリカ国歌を歌ったのか
グローバル空間の「リベラル共和国」
「安倍一強」の秘密

●PART4 「リベラル」と「保守」の進化論
7 きれいごとはなぜうさん臭いのか
ニューリッチはリベラルの牙城
道徳の貯金箱
「きれいごと」はなんにでも使える
潜在的な偏見を可視化する

8 リベラルはなぜ金持ちなのか
政治的態度の遺伝率
知能と政治的態度の相関
ネオフィリアとネオフォビア
雑食動物のジレンマ
3歳児の「リベラル」と「保守」
「リベラル」と「保守」の遺伝子を探す
イデオロギーは匂うか
「リベラル」が嫌われるほんとうの理由

エピローグ サイバー空間のイデオロギー戦争

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
248ページ
電子版発売日
2018年06月15日
サイズ(目安)
1MB

朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年08月03日

    ”朝日ぎらい”のタイトルはタイトル詐欺だと思うがw
    内容は面白く、モヤモヤが晴れた感じ。
    タイトルに対しての答えは”あとがき”に。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月17日

    橘氏らしい、データに裏打ちされた議論。
    本来リベラルが取るべき政策を、野党・及びマスメディアが避けている。安倍政権はもうこれ以上の右には展開する必要なく、リベラル政策を選挙公約に掲げ、しっかりと勝利している。
    朝日新聞や毎日新聞、民進党や立憲民主党はこの本の問いかけにどうこたえるのであろうか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月02日

    ネトウヨ:日本人であること以外に誇るものがない日本人アイデンティティ主義者 とう言う定義腑に落ちる。国の経済力が落ちて、劣化が進む日本で、日本のリベラルに必要なのは、保守化した「リベラル高齢者」の既得権を破壊する勇気、すごく腹落ち感があって面白かった。これを書いている著者が60歳で、若くなく、この本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月27日

    完全に好き嫌い分かれるだろう本だけど、やっぱり橘玲の本は面白い。
    自分は「リベラル」と「ネオリベ」の中間にあたる価値観を持っていることも本書を読んで客観的に感じることができた。

    自分の考えや価値観が「どこにあたるのか」を知っておくことで、友人関係などに応用できるんじゃないかなと思う

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月02日

    著者が「はじめに」で書いていたように、これは決して朝日新聞を批判するものでも擁護するものでもない。その現代の傾向をもとに、「保守」「リベラル」など政治志向とはなんなのかを根本から整理する内容。
    保守は保守、リベラルはリベラルではなく、時代の状況やステイクホルダーにより、相対的に変化していくもの。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月12日

    さすが橘玲さんとしか言い様がない内容。保守とリベラルについての話では今まで読んだもので一番わかりやすかった。「言ってはいけない」をはじめ、遺伝についての後半は私の咀嚼力を超える話題が多いので解釈が難しい。本文ではセントリズムを貫いて書かれているだけに本気の本音のあとがきは痛快。大変に良い本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月07日

    流石橘氏だ。リベラルと保守の関係性と変遷が、日本だけでなくグローバルに考察され、入門書のように非常に分かり易いにも関わらず、専門書を長々と読まなくてもズバッと結論を引き出してくれている。これは3000円くらいでも買って損はない本です。政治に興味なくてもスッと入っていける一冊です。オススメ。しかしタイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月26日

    タイトルに惹かれて…
    じゃなくて朝日新書が本書を出すんや〜
    まだまだ朝日も捨てたもんやないなと即買いでしたd(^_^o)

    朝日的なもの=戦後民主主義がなぜ若者に嫌われるかというところを順序立てて説明されています。
    詳しくは本書を読んでいただくとして
    朝日的なものはリベラル高齢者やシニア左翼の既得権...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月05日

    リベラルとか、保守ってなんだっけ?いかにしてなるもの?というものを調査結果を用いつつ明らかにしている本。
    リベラルとか保守、いまいちよくわからんという方には一読の価値あり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月30日

    中公新書の「戦後民主主義」を読んで、民主主義の来た道、行く道を考えるには、「戦後民主主義」の気分を作ってきた朝日新聞研究だろ、と思い開いた本です。書名から完全に感情的朝日ディスリ本パターンかな、と思い積読本にしていたのですが、内容は全然違う目鱗な本でした。初・橘玲です。ミチコ・カクタニの「真実の終わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

朝日新書 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング