一生に一度のこの恋にタネも仕掛けもございません。(新潮文庫nex)

一生に一度のこの恋にタネも仕掛けもございません。(新潮文庫nex)

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

彼氏いない歴=年齢の三十歳OL・印子が一目惚れしたのは、イケメンマジシャンのユウト。彼に近づきたい印子はなんと仕事を辞めてマジックの世界へ。でも誰かに愛されたことのない臆病な心は暴走し、印子は彼の前から逃げ出してしまう。そしてユウトにも彼女を追えない理由があった。憧れという目隠しを取って本気で人を好きになる、最高の両片想い小説! 『オレンジシルク』改題。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫nex
電子版発売日
2018年06月08日
紙の本の発売
2018年05月
サイズ(目安)
1MB

一生に一度のこの恋にタネも仕掛けもございません。(新潮文庫nex) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年09月13日

    イケメンマジシャンのユウトに一目ぼれしたことから冴えない三十路OL・印子の人生が変わる。「オレンジシルク」改題。

    冒頭から主人公が「友達」のキヨミとやらの容姿をボロクソに形容し、おまけに先にキヨミに彼氏ができて現実を受け入れない感じとか、好感が持てないまま読んでました。
    あんまり主人公は応援したく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年06月18日

    最高の両想いという帯を見てしまったので恋愛ものだと思ってましたが、読んでみた感じ恋愛3マジック7くらいの割合な気がしました。なあなあな感じで付き合いはじめ、家政婦状態なのは惚れた弱みなのでしょうか...というか付き合ってたのかな...ユウトからの気持ちが全然伝わらず完全な片想いだと読んでました。最後...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年04月05日

    最高の両片想い、ではなかったかな、というのが正直な感想。早々にぬるっとくっつくし、主人公の葛藤はあるものの2人の関係に劇的な波があるわけでもなく、後半はマジックと恋愛の按分が微妙。もう少しどちらかに振り切った方が読後感が良かったのではないか。
    主人公のぐるぐるとしつこいくらいの葛藤は、リアルではあっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫nex の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング