王子と乞食

王子と乞食

作者名 :
通常価格 858円 (780円+税)
紙の本 [参考] 924円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

ふとしたことから乞食のトムは宮殿の王子となり、ほんものの王子はトムのぼろ服を着たまま街へほうり出される。そこで二人が見たものは? 知ったことは? そしてどんな目にあったか? これはユーモア作家マーク・トウェーンの傑作で、哄笑と微苦笑と涙のうちに、読者をふしぎな楽しさに導いてゆく力をもっている。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外小説
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波文庫
ページ数
307ページ
電子版発売日
2018年04月19日
紙の本の発売
1934年07月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
5MB

王子と乞食 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年05月26日

    名作の陰に隠れた最高傑作。
    風刺、ペシミズムなど、作品により癖が強いというイメージがあるが、王道的だしど直球で気持ちがいい。
    風刺、批判が強く込められているということでいうと、大人向きの作品。
    サブタイトルに「あらゆる時代の若い人々のための物語」という一文を、読み終わった後に発見して感動を覚えた。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月03日

    むちゃくちゃ面白かった。

    児童虐待のシーンが多くて、今の子どもにはこのまま読ませられない内容ではあるけれど…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    王子と乞食が入れ替わるよくありがちなストーリーはたぶんこの話が発祥です。
    二人が入れ替わった後の話の展開にハラハラさせられる。
    読後の爽快感がたまりません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    こんなに面白い話だったのか!が読後すぐの感想。日本の子供向け簡易版とはちょっとラストが違う。オススメです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月07日

    タイトルは知っているけど、内容を知らない本の一冊だったこの本。
    読み続けられているだけあって、サクサク読めた。
    本を読む中で、何パターンかの結末を考えながら楽しみながら読んだ。
    この本の著者は、トムソーヤの冒険やハックルベリフィンの冒険でも有名。
    これらの著書も読んだ事がないので、読みたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月01日

    話は少女時代に読んでおくんだった、しまったと思うけれど語彙がわたしの場合大学までいってないとついてゆけなかったレベルだな、というところ。外国文学、とにかく訳ものというのはそこに難しさを感じる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月28日

    The Prince and The Pauper (1877)

    文豪マーク・トウェーンを村岡花子の訳で。

    「水戸黄門」に「半沢直樹」と勧善懲悪ものはおもしろい。悪い奴はとことん罰せられ、かわいそうな奴はとことん救われる。この『王様と乞食』もそこは一緒。最後の章でこれまでの全てがすっきりとまとま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月28日

    おごり、について考えさせられる本。
    それが当時のイギリスの政治状態を背景に書かれてるからもっとリアリティがある。
    トム・カンティが乞食から王様になって、普段の何気ないことが幸せだと思っていた乞食の感覚がどんどん失われていくとことか。人間の卑しさが現れてる。
    自分を大切にしてくれている家族のことまで忘...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月02日

    子ども用の絵本で読んだきりきちんと読んでいなかったため、手にとってみたんだけど、
    こんなに面白いとは!
    ハラハラドキドキするし、いろきろと考えさせられる。
    最後は、良い人には報い、悪い人には罰が与えられてスッキリ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月14日

    ありがちなお話で、もうタイトルと一ページ目を読むだけで結末まで分かっちゃうような古典的お話。
    王様と王様にそっくりな乞食が入れ替わってしまうというストーリー。

    最初はその展開のありきたりさに辟易したけれど、読んでいくうちにこれがよく構想を練られたお話だと気づく。

    解説いわく作者はこの小説を2年か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

岩波文庫 の最新刊