陰謀の日本中世史

陰謀の日本中世史

作者名 :
通常価格 950円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ベストセラー『応仁の乱』の著者、構想三年の書き下ろし!

本能寺の変に黒幕あり? 
関ヶ原は家康の陰謀?
義経は陰謀の犠牲者?
俗説、一蹴!
『応仁の乱』の著者が史上有名な“陰謀”をたどりつつ、
“陰謀論”を徹底論破する。

史実とフィクションは明瞭に違う!
◆本能寺の変に黒幕あり?→いない。光秀をバカにしすぎ
◆関ヶ原は家康の陰謀? →違う。家康も追い詰められていた
◆義経は陰謀の犠牲者? →誤り。義経の権力は砂上の楼閣だった

他、
■足利尊氏=陰謀家説は疑わしい
■後醍醐天皇は黒幕ではなく被害者だった!?
■富子はスケープゴートにされた
■騙されやすかった信長
■「三成が家康の伏見屋敷に逃げ込んだ」は俗説
■「小山評定」は架空の会議

「事実」はドラマや小説より面白い。
陰謀論の誤りを最新学説で徹底論破!!
トンデモ説やフェイクニュースが溢れる世の中で騙されないために。
陰謀論の法則まで明らかにする、必読の歴史入門書!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川新書
電子版発売日
2018年03月09日
紙の本の発売
2018年03月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年08月01日

おもしろいけど日本史の知識が予めある程度ないと絶対おもしろくない。
丁寧に事実が読み解かれていて日本史研究の現状の理解、通説がわかった気になった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月19日

「応仁の乱」より面白かった。日本史に、意外にわかっていないことが多いことを痛感。いつも思うのですが、鎌倉時代はすごく血なまぐさい時代だったんですね。室町時代もしかり。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月14日

本書の内容にいちいち納得♪
でも、家康だけは全てを把握した上で仕掛けた
狸親父の大陰謀者であって欲しいな、
今更このイメージだけは払拭できそうに無いw
(ちなみに私はアンチ家康ですw)

終章にもあるように、しっかりとした専門家が
トンデモ説やキワモノを黙殺しないでしっかりと
批判して欲しい。まさに...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月17日

人は物事に意味を持たせたがる。
短絡的に関係を見い出したがる。
好みのストーリーを作るために、家康が小野小町に書いた手紙を見つけ出してくる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月12日

応仁の乱は読み途中、先にこちらを。


研究者が放置している陰謀論やら"真実”系やらの論について論破していく感じ。
中世史+関ケ原で多岐にわたっているので気になるところだけ読んでもいいかも。
先行研究の紹介もされているので、どんな研究の流れがあるのか最低限がまとまっていて良い。
巻末の参考...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「陰謀の日本中世史」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play