夢探偵フロイト -マッド・モラン連続死事件-

夢探偵フロイト -マッド・モラン連続死事件-

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

“人を殺す悪夢”の正体に挑むミステリー。

 ある会社員が、自宅マンションから謎の飛び降り自殺をした事件。ネットのオカルト板で、彼が見ていたのと同じ“悪夢”を繰り返し見る人がいる、という噂が広まる。森の中を逃げ回り、得体の知れない怪物に襲われる――
 私立未来世紀大学の夢科学研究所。夢の研究をするフロイト教授と、彼の右腕であるCGクリエイターのヲタ森、彼らの助手をすることになった学生のあかねは、この悪夢の情報を募集する。同じ悪夢に悩まされているという美女・音羽楓花は、ヲタ森が再現した夢のVR映像を見ると恐怖を感じた様子で、行方不明になってしまう。
 <MUD MOLAN(マッド・モラン)>――フロイトがそう名付けた夢の中の怪物。それを見る者は次々に謎の死を遂げていて・・・。フロイト達は“人を殺す悪夢”の正体に迫っていく。
 大ヒットした『猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子』シリーズで熱狂的に支持される著者による渾身の新シリーズ始動!! 夢を切り口に怪事件に挑む前代未聞のミステリー(2018年2月発表作品)。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫キャラブン!
ページ数
336ページ
電子版発売日
2018年03月16日
紙の本の発売
2018年02月
サイズ(目安)
1MB

夢探偵フロイト -マッド・モラン連続死事件- のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年01月29日

    まさか夢からここまで繋がるのかとビックリし、一気に読んでしまった。
    民話や実際にあった出来事など交えながらのストーリーで最後までワクワクしながら読めた。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い!

    りゅうのお 2020年08月22日

    夢(悪夢)がテーマになっていますが、どんな展開になるのか全く想像出来ず、とにかく読み進めました。あかねちゃんには、最初全く共感出来ずうーん。。と思いつつ読んでましたが、後半になると好きになってました。内藤了先生の書き方でどんな女の子も魅力的になるのですね。フロイトの秘密?も気になりますし、続編も早速...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    まさかあの高山啓治刑事!

    クンクン丸 2021年07月18日

    藤堂比奈子シリーズが大好きなので、内藤了さんの別のシリーズも読んでみようと本書に手を出しました。
    比奈子シリーズほど登場人物に魅力を感じないのですが、フロイト教授にはポテンシャルがありそうです。夢の研究も面白いテーマだと思います。シリーズを読破してからまた考えます。比奈子シリーズでも登場した高山刑...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    夢って不思議だ

    みか 2020年03月07日

    この作家さんの御本は他のシリーズも読んでいますが、このお話もとても面白い&興味深くて、引き出しの多さに驚かされました。夢は不思議だし、内容によっては凄く怖いこともあるけど、今作では現実の方が怖かった。次回作も楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月23日

    タイトルに惹かれてあらすじを読むと、好みのど真ん中だったため購入。

    描写がリアルで、読んでいるのに映像を見ているような感覚になった。
    テンポよく進んでいくストーリーでページをめくる手が止まらなかった。

    久しぶりに面白いと思える作品に出合えて感激。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月10日

    キャラクターが光っていました。
    主人公のあかねちゃんはなんか憎めない性格の可愛い子で、読んでいくのが楽しかったです。
    作者のサクッとしたユーモアもいい味出しています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月15日

    なかなかに挑戦的な題材を扱っているなと思う。夢をあつかって他にはどのような展開があるのだろうか。シリーズの他の作品も読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月17日

    これまでに読んだシリーズに比べると、ヒロインは軽くてテキトーでアホっぽいし(失礼)、あんまり好きになれないかもしれないと冒頭では思いました。悪夢の可視化を試みる夢科学研究所の助手の座に単位目当てで納まった彼女が次第にこの仕事に没頭して行くにつれ、読んでいる私も引き込まれるように。

    他のシリーズより...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    フロイト

    菊ちゃん 2020年12月29日

    悪夢が持つ意味…恐い夢は誰でも見たことがあるし、何故か覚えている事が多い。何故あんな夢を見たのか?
    自分でもよく分からない。あんな事を私の頭の中は考えているねか?と疑問に思う事がある。原因を調べられるならやってみたい。フロイトの所で。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月25日

    新しい感じのミステリーでした。夢の再現映像とはすごいと思います。
    主人公のペコちゃんも最初は「?」という感じでしたが、好感が持てました。

    このレビューは参考になりましたか?

夢探偵フロイト のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 夢探偵フロイト -マッド・モラン連続死事件-
    “人を殺す悪夢”の正体に挑むミステリー。  ある会社員が、自宅マンションから謎の飛び降り自殺をした事件。ネットのオカルト板で、彼が見ていたのと同じ“悪夢”を繰り返し見る人がいる、という噂が広まる。森の中を逃げ回り、得体の知れない怪物に襲われる――  私立未来世紀大学の夢科学研究所。夢の研究をするフロイト教授と、彼の右腕であるCGクリエイターのヲタ森、彼らの助手をすることになった学生のあかねは、この悪夢の情報を募集する。同じ悪夢に悩まされているという美女・音羽楓花は、ヲタ森が再現した夢のVR映像を見ると恐怖を感じた様子で、行方不明になってしまう。  <MUD MOLAN(マッド・モラン)>――フロイトがそう名付けた夢の中の怪物。それを見る者は次々に謎の死を遂げていて・・・。フロイト達は“人を殺す悪夢”の正体に迫っていく。  大ヒットした『猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子』シリーズで熱狂的に支持される著者による渾身の新シリーズ始動!! 夢を切り口に怪事件に挑む前代未聞のミステリー(2018年2月発表作品)。
  • 夢探偵フロイト -てるてる坊主殺人事件-
    女性が髪を切られる猟奇的殺人事件を追う! 神田川で、若い女性の溺死体が発見される。真っ赤なベビードールを身につけた死体は、なぜか髪が剃り上げられていた。 あかねは友人のカスミに頼まれ、急に来られなくなっ“河野さん”の代わりに、コスプレ姿でロリィタパブのティッシュ配りのバイトをすることに。一方、夢を可視化するプロジェクトを行う夢科学研究所に、はじめてのスポンサーがつく。高級スリープウェア会社から、「吉夢を見られる枕の開発」の依頼が舞い込んだのだ。フロイトたちは睡眠実験を始めるが、被験者の中に混じっていたスポンサーの娘の翠は悪夢に悩まされていた。 そんな折、神田川の溺死体が“河野さん”だったことが判明し、15年前にも似たような事件が起きていたことが分かる。お祭りの日、神社の裏山で女の子が絞殺され、髪を切り取られた遺体で発見された「てるてる坊主殺人事件」――フロイト、ヲタ森、あかねの3人はこれを連続殺人事件と見て、真相を追っていく。 多くの女の子が無惨な姿で殺された猟奇的未解決事件の犯人とは―― 夢を手がかりに事件に挑む、大人気ミステリー第2弾!
  • 夢探偵フロイト -邪神が売る殺意-
    ネットで夢を売る「夢売り」の正体を追う! 私立未来世紀大学。就職活動に出遅れた4年生の城崎あかねは、面接に落ちまくり、意気消沈ぎみの毎日を送っている。そんな折、夢科学研究所のホームページに、「夢が売られている」という情報が入る。調べてみると、ネットフリマアプリ「アボカド」で、『夢売り』なる人物が夢を販売しているようだ。 売り手が買い手にどうやって夢を見せるのか、興味を惹かれたフロイト教授は、実際に夢を買ってみようと提案。身分を隠して、あかねが吉夢、フロイトが凶夢を購入する。そして待望の夢が届くが、それは全く予想もしていなかった恐ろしいものだった。 ネット上から忽然と姿を消す『夢売り』、夢に呑み込まれていくあかね――。一方、『人殺しの夢』を購入した人物は、生々しい殺人の快楽に溺れていた。 『夢売り』とは何者なのか? その意図は何なのか? フロイト教授の分析が冴えわたる、人気シリーズ第三弾!
  • 夢探偵フロイト -アイスクリーム溺死事件-
    生まれつきの人殺し“夢売り”の最初の事件。 夢科学研究所に放火してフロイト達を殺そうとした“夢売り”こと卯田姫香が、「責任をとって」と乗り込んでくる。フロイトのせいで“罪悪感”が生まれ、悪夢にうなされて眠れないのだという。 夢に出てくるのは、カラフルなメルヘン街のお菓子の家。姫香にヘッドギアを付けて脳波を調べる睡眠実験をすると、幼い頃、男の子をアイスクリームで溺死させた記憶が浮かび上がり…… これは「最初の殺人現場」だと思い出す姫香。自分は「生まれつきの人殺し」だという彼女は、どんな罪を犯したのか――!? フロイト教授と、天才的なCGクリエイターのヲタ森、“夢”に関する卒論で卒業を目指すあかねが、悪夢の謎に迫る大人気ミステリ第4弾!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

小学館文庫キャラブン! の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング