「日本の分」について考える【HOPPAライブラリー】 鈴木邦男シンポジウム1・2

「日本の分」について考える【HOPPAライブラリー】 鈴木邦男シンポジウム1・2

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

鈴木宗男が政治家生命を賭して取り組んできた、北方領土問題。プーチン大統領と会談し、首脳会談の舞台裏を見てきた氏が、外交現場の涙ぐましい努力を臨場感たっぷりに語る。二十歳のころから、日本とはなにか? 宗教とはなにか? を探求し続けてきた中島岳志が、近代日本における右翼思想の系譜をあざやかに紐解く。ヴォルテールの言葉、「君の意見には反対だが、それを言う権利は命にかえても守る」を生きる鈴木邦男だからこそ聞き出せる二人の本音。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
柏艪舎
電子版発売日
2016年06月29日
紙の本の発売
2014年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
27MB

「日本の分」について考える【HOPPAライブラリー】 鈴木邦男シンポジウム1・2 のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年04月02日

    雑感
    札幌市時計台でふた月に1回のペースで開催されている、鈴木邦男氏が様々なゲストを呼んで講演と対談…というイベントの第1回と第2回の内容を収録したもの。

    これを書いている時点(2014年春)では間接的にホットな北方領土問題の外交経緯について鈴木宗男氏が、右翼という思想について北大の中島氏が語って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

「日本の分」について考える のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 「日本の分」について考える【HOPPAライブラリー】 鈴木邦男シンポジウム1・2
    鈴木宗男が政治家生命を賭して取り組んできた、北方領土問題。プーチン大統領と会談し、首脳会談の舞台裏を見てきた氏が、外交現場の涙ぐましい努力を臨場感たっぷりに語る。二十歳のころから、日本とはなにか? 宗教とはなにか? を探求し続けてきた中島岳志が、近代日本における右翼思想の系譜をあざやかに紐解く。ヴォルテールの言葉、「君の意見には反対だが、それを言う権利は命にかえても守る」を...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 「日本の分」について考える2【HOPPAライブラリー】 鈴木邦男シンポジウム3・4
    今、日本が直面している最も大きな問題について、鈴木邦男が真正面から二人に切り込む。札幌時計台ホールで繰り広げられた熱い対談2本を収録。政治学者山口二郎(現・法政大学教授)が、敗戦により日本人の思想はどう変わったか、なぜ自分たちで憲法を作れなかったのか、民主党政権の功罪とは、第二次大戦後の日本の政治地図を解説する。中国問題を専門とする藤野彰(北海道大学大学院教授)が、ジャーナ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています