貞観政要

貞観政要

作者名 :
通常価格 918円 (税込)
紙の本 [参考] 1,080円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

唐代、治世の問題を真正面から取り扱い、帝王学の指南書となった『貞観政要』。幾多の戦乱を乗り越え、太平の世を現出させた太宗(李世民)が名臣たちと交わした問答を史家・呉兢が編纂。爾来、中国のみならず日本においても為政者たちが折に触れて立ち返る古典の地位を得てきた。「指導者の条件」「人材の登用」「後継者の育成」など、およそ組織運営に関わる人間なら必ず迷い、悩むであろう問題に古人はどのように臨んできたのか。本書には汲めども尽きぬ教訓が今も満ち溢れている。本文庫は明代の通行本(戈直本)を底本とし、全篇より七十篇を精選・訳出。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま学芸文庫
電子版発売日
2018年01月26日
紙の本の発売
2015年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年03月10日

「名君の名君たるゆえんは広く臣下の進言に耳を傾けることであります。また、暗君の暗君たるゆえんは、お気に入りの臣下のことばだけしか信じないことであります。」

公平に物事を判断する為には、
様々な視点で物事を見ることが大事。


「うわべをとりつくろって人の疑惑を招かぬようにせよなどという話は聞いたこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月27日

以前、別の「貞観政要」を拝読したことがある。
若干の表現や解釈は違うかもしれないが、どちらも素晴らしい書籍だと思われる。読み進めていくにつれて、我に返ってしまう。しばらくして、もう一度読もうと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月13日

帝王学の古典。人としては当たり前のシンプルなことばかりであるが、行うのは難しい。標語のようにして、憶えておこう。基本は「無私」のこころ。一、安きに居りて危うきを思う、一、率先垂範、わが身を正す、一、部下の言に耳を傾ける、一、自己コントロールに徹する、一、態度は謙虚、発言は慎重に

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月17日

帝王学というものを初めて知った。上に行くほど、おごらず、下からの苦言や提言をしっかり聞く必要がある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月27日

明治天皇も元田永孚から進講を受けた書、唐の太宗と侍臣との問答集
自分の根をどこに求め、花をどう咲かせるかを常に考え、ブレを少なくする自制心を持つことが肝要

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play