栗本薫・中島梓傑作電子全集1 [伊集院大介 I]

栗本薫・中島梓傑作電子全集1 [伊集院大介 I]

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

栗本薫が生んだ名探偵・伊集院大介。その明晰な推理と活躍を描く人気シリーズの初期6作品を一挙に収録。

伊集院大介のデビュー作にして吉川英治文学新人賞受賞作『絃の聖域』は、長唄の家元一家を襲った連続殺人事件を描く、本格推理小説の傑作。自らも長唄の名取であった栗本の、三味線の音のように冴えわたる格調高い文体に圧倒される。ほかに『優しい密室』、『鬼面の研究』、『伊集院大介の冒険』など、宿敵シリウス登場以前の大介の活躍をまとめ読みできる。

付録として、現在閉鎖されている自身のウェブサイトに書き下ろした連載エッセイ『日本には邦楽があるのだ』や、『鬼面の研究』などを漫画化した、まんだ林檎氏と大介の魅力を語り尽くした熱烈対談、夫として、担当編集者として、最も近くで栗本を支えた今岡清氏が初めて綴るエッセイ(連載)など。さらに実母・山田良子氏の日記から栗本の誕生~大学卒業までを記した、『栗本薫の育児日記』(連載)を初めて公開! その他、『絃の聖域』の生原稿や伊集院大介シリーズの創作ノート、吉川英治文学新人賞授賞式の写真などなど、お宝付録が満載!

※この作品にはカラー写真が含まれます。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
小学館
電子版発売日
2017年12月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

栗本薫・中島梓傑作電子全集1 [伊集院大介 I] のユーザーレビュー

レビューがありません。

栗本薫・中島梓傑作電子全集 のシリーズ作品 1~30巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~30件目 / 30件
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集1 [伊集院大介 I]
    栗本薫が生んだ名探偵・伊集院大介。その明晰な推理と活躍を描く人気シリーズの初期6作品を一挙に収録。 伊集院大介のデビュー作にして吉川英治文学新人賞受賞作『絃の聖域』は、長唄の家元一家を襲った連続殺人事件を描く、本格推理小説の傑作。自らも長唄の名取であった栗本の、三味線の音のように冴えわたる格調高い文体に圧倒される。ほかに『優しい密室』、『鬼面の研究』、『伊集院大介の冒険』など...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集2 [真夜中の天使]
    ナルシスのような妖しい美貌と甘い声をもつ天性のスター・今西良をめぐる衝撃作、『真夜中の天使』と『翼あるもの』を一気読み! 探偵小説からSF、ファンタジー、ホラー、時代小説まで、ジャンルを越えて膨大な作品群を残した栗本薫。彼女は少年愛小説(いわゆるBL)の分野においても先駆けであった。当時、人気と美貌の絶頂期にあった沢田研二が主演したテレビドラマ『悪魔のようなあいつ』に触発されて...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集3 [ぼくらの時代]
    1978年に歴代最年少で江戸川乱歩賞を受賞した『ぼくらの時代』。著者と同姓同名の男性ミステリー作家にして名探偵の栗本薫と仲間たちの活躍を描く6作品をまとめて収録! 都内のマンモス私大に通う栗本薫が、バンド仲間でもある親友・石森信、加藤泰彦とともに事件に立ち向かう「ぼくらの時代三部作」をはじめ、『猫目石』、『怒りをこめてふりかえれ』、「公園通り探偵団」(『十二ヶ月』所収)を収録する...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集4 [SF I]
    「トワイライト・サーガ」、『パロスの剣』、『魔境遊撃隊』など、「グイン・サーガ」関連のSFファンタジー作品集! ジェイナス神の禁忌を犯して故国パロスを追われた美貌の王子ゼフィールと、草原の国トルースの公子ヴァン・カルスの流離譚を描く「トワイライト・サーガ」が華麗に甦る! 「グイン・サーガ」と同じ中原を舞台に、その数千年後の世界を描く「トワイライト・サーガ」(『カローンの蜘蛛』...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集5 [新・魔界水滸伝]
    新シリーズの舞台は宇宙――そこでは科学と機械が支配する第一帝国と、超能力を操る第二帝国が「千年戦争」を繰り広げていた! クトゥルーの神々による地球侵略と、地球古来の神々との戦い、そして神々の圧倒的な力の前に滅びゆく人類の危難を描いた著者の代表作、『魔界水滸伝』。その5千年後の宇宙を舞台に描かれる第三部「銀河聖戦編」では、科学と機械が支配する第一帝国と、超能力を武器に第一帝国に抵...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集6 [白銀の神話]
    クトゥルーの神々の侵略は、戦国時代に始まっていた! 織田信長に姿を変えて邪神を迎え撃つ北斗多一郎の孤独な戦いを描く! 20世紀から戦国時代にタイムスリップした北斗多一郎が目撃したのは、織田信長をはじめとする有力武将や、比叡山などの仏教拠点のほとんどがすでにクトゥルーに乗っ取られているという惨状だった。このままでは歴史は書き換えられ、日本はクトゥルーの支配となってしまう……と察し...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集7 [朝日のあたる家]
    『真夜中の天使』、『翼あるもの』は序章だった! 時を越えて真実の愛に向き合う、宿命のふたり……今西良&森田透! ナルシスのような妖しい美貌と甘い声をもつ天性のスター・今西良と、彼に敗れて芸能界から去った森田透。 スターの座から転落したばかりか、恋人・巽竜二を良に奪われ、殺されて、身も心もどん底に沈んだ透を支えたのは、良への憎しみと巽への追慕の念だけ……のはずだった。しかし、7年後...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集8 [伊集院大介 II]
    伊集院大介・最大の敵「シリウス」がついに登場!大介は美貌の天才舞踊家・芳沢胡蝶を怪人の魔手から救うことができるのか? 美貌のファッション・モデルが次々と掠われてはバラバラ死体となって発見される、連続殺人事件が発生した。犯人は「シリウス」と名乗る謎の人物。次の標的と目される人物の身辺警護の依頼を受けた伊集院大介は、事件に深く巻き込まれていく。人の心を操って自らの手を汚すことな...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集9 [エッセイ]
    栗本薫のもう一つの顔である「評論家・中島梓」が、マンガ、息子との日々、2度にわたるガン闘病までを自在に語ったエッセイ集! 作家として数々の人気シリーズを手がける栗本薫には、「評論家・中島梓」というもう一つの顔があった。 その中島梓が、愛するマンガ、息子との日々、二度にわたるガン闘病までを自在に語ったエッセイ5冊(『マンガ青春記』、『息子に夢中』、『ガン病棟のピーターラビット』、...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集10 [SF II]
    筋金入りのSFファン栗本薫の、『セイレーン』ほか初期SF作品を完全収録! 小学生時代に武部本一郎氏の美しい挿絵に惹かれてSFと出会って以来、その世界、物語、作家たちのすべてを愛してやまなかった栗本薫。 『魔界水滸伝』、『グイン・サーガ』など、ファンタジーSF作品で知られるが、本格SF作品も数多く手がけている。それら作品群のなかから、初期の6作品(『セイレーン』、『時の石』、『...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集11 [終わりのないラブソング I]
    「JUNE」史上最高の人気作を上下2巻で完全収録! 二葉と竜一、傷だらけの2人から目が離せない! 中島梓が雑誌「JUNE」で連載していた「小説道場」で、「学園もの」の作品の手本として第1話が掲載された『終わりのないラブソング』。 発表されるや大きな反響を呼び、やがて同誌にて連載が始まった人気作を、上下2巻で完全収録する。 上巻にあたる【終わりのないラブソングI】では、文庫本の1~5巻...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集12 [終わりのないラブソング II]
    「JUNE」史上最高の人気作を上下2巻で完全収録! 二葉と竜一、傷だらけの2人はどこへ向かうのか!? 「JUNE」で人気を博した連載小説『終わりのないラブソング』。下巻にあたる【終わりのないラブソングII】では、 文庫本の6~8巻と『TOMORROW』、番外編となる短編や、中島梓による「新・やおいゲリラ宣言」も収録。 見どころは、「JUNE」誌で使った変名5つのうち、神谷敬里名義の短...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集13 [ハード・ボイルド]
    『キャバレー』、『黄昏のローレライ』……、天才ジャズプレイヤーとヤクザ者の奇妙な友情の物語。 『真夜中の天使』で登場し、『朝日のあたる家』で存在感を増した天才ジャズプレイヤー・矢代俊一を主人公に、ジャズマンの世界を描いた名作『キャバレー』と、その続編『黄昏のローレライ』や、 さらにその関連作品『死はやさしく奪う』、「あの夏」を中心に、栗本薫のハード・ボイルド作品を収録。 栗本が...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集14 [六道ヶ辻 I]
    平安時代から続く名門・大導寺家。古いノートの束とともに、恐るべき連続殺人事件が現代に甦る! 「六道ヶ辻にいくたびこの身は迷うとも、六道能化の導きはいらぬ。儂は幾度なりとも畜生道に踏み迷い、天上界へは成仏せぬ」 美貌の男女を数多くの輩出してきた平安以来の旧家・大導寺家を舞台に綴る、絢爛たる大正浪漫ノベル「六道ヶ辻」シリーズ、そのI。 一族の末裔である大導寺静音は、家系図に名前の...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集15 [六道ヶ辻 II]
    旧家に生まれ育った幼馴染み同士の恋は、開戦前夜の上海で思わぬ終局を迎えるっ! 「僕は何回でも生まれかわります。何回生まれかわっても、あなたを――あなただけを愛しています」 平安時代から続く旧家・大導寺家を舞台に綴られる、絢爛たる大正浪漫ノベル「六道ヶ辻」シリーズ、そのII。 一族の末裔である大導寺静音は、幼馴染みの藤枝直顕とともに、亡き大叔父・乙音の婚約者であった妙連院笑子を訪ね...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集16 [伊集院大介 III]
    バラバラにされ継ぎ合わされた4つの死体、そして彼らを虜にした謎の「ゾディアック・カード」とは!? ミュージカル俳優として新たなスタートを切った竜崎晶の身辺で起こる奇怪な事件の数々……。『新・天狼星ヴァンパイア』(本電子全集第8巻収録)では晶の視点で描かれたヴァンパイア事件を第三者的視点から描き直すとともに、事件のさらなる深層へと迫った衝撃作、『真・天狼星 ゾディアック』シリーズ全6...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集17 [JUNE I]
    「少年派宣言」から『元禄無頼』まで……、ボーイズラブの聖典「JUNE」に刻まれた栗本薫の軌跡! 中島梓のみならず、竹宮惠子、木原敏江、青池保子、大島弓子など、絢爛たる才能を集めて創刊された、ボーイズラブのバイブル的雑誌「JUNE」。著者が同誌に発表した小説のうち、『元禄無頼』、『元禄心中記』、『蝦蟇/蜥蜴』、『恋ヶ淵心中』、『逃げ水』などの時代物を収録。 さらにエッセイ「少年派...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集18 [ミステリー]
    「正史・乱歩の徒」を自認した著者が、自らの居場所を求めて彷徨う女たちを描く本格的ミステリー作品集! 「明治47年」という架空の時代の浅草を舞台に、[地球生まれの銀河人]と称した主人公に絡む「宿命の女」……、著者が理想とする大正浪漫の世界をきらびやかに描いた『魔都 恐怖仮面之巻』。ミュージカル作品として企図し、著者自ら小説化したこの作品は、彼女のミュージカル作家としてのスタイルも確...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集19 [江戸~大正浪漫]
    未発表原稿発見!『天の陽炎』[完全版]を史上初収録。江戸っ子・栗本薫が描く、江戸~明治・大正の愛憎劇。 ロックやジャズでバンド活動を行い、ミュージカル作者でもあった栗本薫は、その一方で着物や長唄、歌舞伎といった日本の伝統文化に幼い頃から触れ、精神的なルーツとしてこよなく愛した。その栗本が江戸を舞台に、学生時代から書きためた時代小説集『女狐』をはじめ、『好色屋西鶴』、『狂桜記...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集20 [評論 I]
    埴谷雄高、筒井康隆、つかこうへい……、純文学からSF、演劇まで、痛快に切りまくる文芸評論集! 安部公房、大江健三郎、サルトル、筒井康隆、つかこうへいらを論じ、恩師である早稲田大学教授・平岡篤頼に激賞された卒業論文「想像力の構造」をはじめ、中島梓としてのデビュー作である『文学の輪郭』、『道化師と神』、『夢見る頃を過ぎても』、『魔都ノート』など、文学や小説、演劇をテーマとする評論...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集21 [評論 II]
    拒食症からやおい、ベストセラー、戦隊モノまで、初代「腐女子」が社会現象に鋭く切り込んだ問題評論集! 文芸関連の評論作品を集めた【評論I】とは趣を変え、中島梓自身が腐女子の先駆けであったからこそ持ち得た視点から、拒食症、やおい、ベストセラー、マンガ、戦隊モノといった社会現象を鋭く看破した長編評論4作、『ベストセラーの構造』、『わが心のフラッシュマン』、『コミュニケーション不全症...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集22 [伊集院大介 IV]
    2年の不在を経て、名探偵・伊集院大介が帰ってきた! 新たな時代の犯罪に立ち向かう! 『天狼星』事件から2年……、芳沢胡蝶の死後、伊集院大介が姿を消していた間に、世の中は大きく変わりつつあった。パソコン通信が普及し、やおい文化や、ゲイ・バー、レズビアン・バーといった性的少数者の文化が急速に広まり、これまでにないタイプの犯罪もまた芽をふいていた。新時代ならではの未知のタイプの犯罪者...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集23 [伊集院大介 V]
    ジャズ、着物、美しい男と女……、栗本薫が愛した人気の主人公たちが濃密に絡み合う、伊集院大介の「東京サーガ」! 『キャバレー』の矢代俊一、『魔女のソナタ』の藤島樹、『早春の少年』の及川徹……、人気の主人公たちが他作品に登場して関係を深める、作者自ら「東京サーガ」と呼んで愛した作品群のうち、伊集院大介シリーズの『真夜中のユニコーン』、『身も心も』、『聖者の行進』、それに着物を愛した...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集24 [SF III]
    著者のSF代表作で青春小説の傑作としても語り継がれる2大長篇『レダ』と『メディア9』を同時収録。 遠い未来の地球では、人類が宇宙船で恒星間宇宙を旅するスペースマンと、地球を離れず生涯を送る市民とに二分化しつつあった……。この地球を舞台とする[未来史シリーズ]から、『レダ』と『メディア9』を収録する。 SFとは未完成なものが成長してゆくプロセスの美しさと苦さを備えた物語であり、その本...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集25 [SF IV]
    女子高生と新撰組の超時空の出会いから、地球が見る最後の夢まで、ファースト・コンタクトと滅びの物語集! 伝奇SFから青春小説、激しい恋の物語まで、さまざまなタイプのSFを書いてきた栗本薫がもっとも多く扱ってきたのが、ファースト・コンタクトと滅びをテーマとする作品群である。 『ゲルニカ1984年』、『滅びの風』、『さらば銀河1』、『まぼろし新撰組』、『さらしなにっき』、それに短篇集『幽...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集26 [伝奇]
    『吸血鬼』、『地獄島』から未発表作「無明塚由来」まで、伝奇色の強い時代小説を一挙収録! 歌舞伎と東宝時代劇映画、それに『神州纐纈城』の国枝史郎から強い影響を受けたという、破天荒な魅力がいっぱいの栗本薫の時代小説。そのなかでも伝奇色が強い「お役者捕物帖」シリーズの『吸血鬼』と『地獄島』、それに『神州日月変』、『魔剣』を加え、さらに「お役者捕物帖」のエピソード0的短篇「離魂病の...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集27 [ホラー]
    ごく普通の人々の、ごく平凡な日常を、小さな棘がじわじわと蝕んでゆく、とめどない恐怖の物語集! 警視総監までもが頼りにする名探偵や悪の化身のごとき犯罪者、国を背負って戦うスーパーヒーロ-、誰もが目を奪われる美少年、天才的ジャズプレイヤー……などなど、「特別な人々」ばかりを書いてきた著者が「面白いのは『普通の人』を書けること」と語ったホラー小説集を一挙収録。敬愛するアガサ・クリス...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集28 [JUNE II]
    矢代俊一、今西良、伊集院大介など人気主人公総登場の「東京サーガ」から絶筆「トゥオネラの白鳥」まで! 著者の代表作「グイン・サーガ」と並ぶ栗本作品の柱の一つで、著者自ら命名した「東京サーガ」シリーズ。ここには、現代の東京を舞台に、今西良と森田透、矢代俊一、伊集院大介など、人気作品の主人公たちがジャンルを越えて登場する。その「東京サーガ」シリーズから、『流星のサドル』、『ムーン...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集29 [伊集院大介 VI]
    2つの未完成作品を含む、伊集院大介シリーズ最終期の作品群。「伊集院大介年譜」も必見! 本来の本格推理物に立ち返った「伊集院大介」シリーズから、『逃げ出した死体』、『六月の桜』、『木蓮莊綺譚』、『樹霊の塔』の長編4作品をはじめ、「伊集院大介の追跡」、「月光座」など生前には単行本化されなかった短編5本も収録。さらに、未完に終わった「スペードの女王」、「天国と地獄」など貴重な作品...
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集30 [脚本集]
    ミュージカル、ストレートプレイ、歌舞伎と、多彩なジャンルの演劇に取り組んだ、栗本薫の脚本集! 幼い頃から歌舞伎に親しみ、高校時代にはケストナー作『ふたりのロッテ』を脚色した栗本薫にとって、演劇は常に身近な楽しみであった。1979年に脚本と作詞で参加した『ロック・ミュージカル ハムレット』を皮切りに、脚本家、作曲家、あるいはプロデューサーとして携わった舞台は生涯で55本にのぼる。自...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています