魔女のソナタ 伊集院大介の洞察

魔女のソナタ 伊集院大介の洞察

作者名 :
通常価格 680円 (619円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

自殺か他殺か?美貌の歌手の飛び降り事件解明を依頼された伊集院大介は、彼女が"現代の魔女"だったと知る。女と女、女と男と女――魔女をめぐる倒錯の性の世界と、奇怪な人間関係のもつれが次々に明かされる。だが、残された遺書の謎、容疑者全員のアリバイの存在など、伊集院の前に難関が立ちはだかる!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2017年06月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

魔女のソナタ 伊集院大介の洞察 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年11月22日

    栗本薫さんの伊集院シリーズの中で初めて読んだ作品です。
    読んだ当初は中学生でかなり衝撃でしたが、題目の通り「洞察」が本当におもしろくて、何度も読み返しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    伊集院大介の名探偵シリーズです

    でも、伊集院いらない(笑)
    偉大な魔女が臆病な少女?
    あまりにも、露骨な性をテーマにした
    作品に駅壁していたのですが、その内
    その性格を推理する作品だと気がつく

    でも、純文学のような作品にすること
    も可能な作品かなと思うのでした

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月09日

    このシリーズで何故かこれだけ読んでなかったので、手にとってみた。
    伊集院大介じゃなくても良い様な気がする反面、彼でもいなきゃ話が希薄になる気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    何かの書評にはレズがどうしたとかその手の世界の描写ばっかりで読むに値しないみたいな書かれ方だったらしいと功が言っていたが、読んでみるとそんなことはなかった。栗本さんがその気になってその世界のことを書き始めたら、こんなもんではないのだ。翼あるものとか、真夜中の天使とか、あの路線とは確かに違う。でも、伊...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています