あの明治大学が、なぜ女子高生が選ぶNo.1大学になったのか? ―奇跡を起こすブランドポジションのつくり方

あの明治大学が、なぜ女子高生が選ぶNo.1大学になったのか? ―奇跡を起こすブランドポジションのつくり方

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

数々の経営者や企業を取材してきたブックライターの上阪徹氏が、
今回選んだターゲットは、明治大学。

受験生には当たり前の情報かもしれないが、
バンカラのイメージが強い明治大学がいま、女子に人気の大学になっている。

たしかに、御茶ノ水駅から神保町に向かって歩くと、
オシャレな高層ビルが並び、おしゃれな女子大生の姿が目に付く。

・学生運動の立て看がない!
・オシャレな美男・美女が多い!
・米国のディズニー・ワールドに留学できる!
・図書館に学生が5000人!
・就職サポートが充実している!

創立136年の伝統的な組織、
しかも大学という保守的な“事業”を営む組織が、
なぜこれほどまでに変革できたのか。

「伝統だけではメシは食えない。
ブランドイメージを変えるには、
誰もいないポジションで1位を取り続ければいい」

他大学がベンチマークする驚愕の秘策を徹底取材し、
変わらなければならないのに、変わることができない、
日本企業の壁を打ち破るヒントを描く。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2017年11月17日
紙の本の発売
2017年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

あの明治大学が、なぜ女子高生が選ぶNo.1大学になったのか? ―奇跡を起こすブランドポジションのつくり方 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年01月24日

    大学の個性、アイデンティティをもったのが勝因なのでしょう。
    日本の大企業にも見習う点はたくさんありますし、こういう学生出身の人が働く会社が勝ち抜くのでしょう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月02日

    同じ時期に同じような大学ブランディングの書籍が出版されるなんて、関係した人たちは冷や汗をかきながら読み比べたに違いない。『近大革命』が当事者自身の書く自伝スタイルなら、こちらは部外者が書くノンフィクションスタイルという違いはあるとはいえ、どっちにしても大学紹介のパンフレットになってしまっている部分が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月23日

    就職支援はすごい。親目線で見て、子どもを明治大学に行かせたい、と思わせるものがあった。

    あと当たり前のことが当たり前に行われていることにも驚いた。当たり前のことができないのが、この日本の停滞病だと思うからだ。

    たしかに、この本を読んで、私の明治大学観は変わった。
    あとがきを読んで、早稲田のイメー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月18日

    明治大学のブランディングについて、書かれた本。
    自身、明治大学とは何の設定もないが、ここに書かれたことが、
    狙ってなされたのだとしたら、大したものだと思う。
    いずれにせよ、学生ファーストの姿勢がよく伝わってくる点は好印象を抱く。

    リバティータワーにも一度足を運んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月27日

    明治大学に興味があるか、大学の関係者ならば参考になると思う。近い業界なので参考になるかと思い読んだがその点では期待はずれだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月10日

    vision&hardworkはもちろんだが,大学としての生い立ちや歴史などで形成される風土が影響している。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年02月24日

    対内的と対外的に強みがある。
    対内的には、①組織形態(理事長と学長の2長性)②手厚い奨学金③就職などのサポートなど
    対外的には、①独自の学部(漫画など)②ポジショニング(ばんから×おしゃれ)など。
    変化に強いというのが一番強みかな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています