成果を増やす 働く時間は減らす 高密度仕事術

成果を増やす 働く時間は減らす 高密度仕事術

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

プログラム提供開始から3年間で、約380社、2500人が受講している予約の絶えない法人研修「仕事の高密度化」を書籍化!
「退社時間を決めて自分を追い込む」「成果と効率は分けて考える」「シングルモードで集中する」など、本書では、今日から始められる超実践的なテクニックやツールを中心に載せています。

「働き方は習慣であり、残業は習慣の結果」と習慣化コンサルタントである著者は言います。外部要因(会社のルールなど)で残業するケースもありますが、本書では、まず自分の働き方を変えるきっかけになるよう「気づき」を与えます。そして30代、40代のビジネスパーソンが、「会社からの残業削減」に呼応して、自らの生産性を高める「仕事の習慣」を解説します。これを身につけることで、継続的な仕事の改善方法に取り組めるようになります。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
かんき出版
ページ数
208ページ
電子版発売日
2017年10月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

成果を増やす 働く時間は減らす 高密度仕事術 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年12月09日

    自分の部署が残業に苦しんでいる人が多いので施策を練るために借りた本。自分の部下が効率的ではないだけでなく、自分の非効率な仕事のやり方にも気づかせられた本であった。昨今の働き方改革が単純に時短の話に終止されてしまうと、その穴埋めをどこでやるんだという話になるが、高密度つまり生産性をあげることで、やらな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月16日

    オーバーワークを改善するヒントを得るために購入。「高密度」というワードが刺さった。読みやすく基礎的な内容が多いので、新入社員や効率化のノウハウをざっとおさらいしたい人におすすめ。自分の仕事の具体的なシーンを思い浮かべながら読むと良さそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月10日

    古川氏の一連の効率化本を読んできたので、あまり新鮮味は感じなかったが、毎日15分高密度PDCAを回すアイデアはよさそう。特にプランのところ、TODOリストだけではなく、スケジュールに入れておくと予定から大きく外れずに仕事ができそう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング