美しの神の伝え 萩尾望都 小説集

美しの神の伝え 萩尾望都 小説集

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

一九七七~八〇年「奇想天外」に発表したSF小説十一編に加え、単行本未収録の二作「クリシュナの季節」&マンガ「いたずららくがき」も特別収録。異世界へ導かれる全十六編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
ページ数
448ページ
電子版発売日
2017年09月01日
紙の本の発売
2017年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
34MB

美しの神の伝え 萩尾望都 小説集 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年12月07日

    美しの神の伝え/音楽の在りて/CMをどうぞ/マンガ原人/守り人たち/闇夜に声がする/子供の時間/ヘルマロッド殺し/左ききのイザン/プロメテにて/おもちゃ箱/クレバス/憑かれた男/クリュシュナの季節/左手のパズル/いたずら らくがき

    マンガを読んでる感じの小説と小説を読んでる感じのマンガ。望都さまを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月09日

    ・萩尾望都「美しの神の伝え~萩尾望都 小説集~」(河出文庫)は書名通りの短編集である。この人は漫画家として有名だが、SFの短編もかなり書いてゐたらしい。本書に載る作品はいささか古く、70年代後半の『奇想天外』発表作が全16編のうち11、他はそれ以後で発表誌もまちまち、しかし03年までである。ほとんど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています