神様たちのお伊勢参り : 7 波乱の戌神捕り物劇
  • 最新刊

神様たちのお伊勢参り : 7 波乱の戌神捕り物劇

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

芽衣と天は、毎年恒例のお伊勢参りに来ない磐鹿六雁命を心配して、栃木県にある高椅神社を訪ねる。しかし磐鹿六雁命は、海に蛤を採りに行ったままかえって来ていないという。捜しに行った海辺で海座頭という妖怪に会い、芽衣は「一番恐ろしいもの」を訊かれるが…。大ヒットシリーズ、第七段!

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2020年03月13日
紙の本の発売
2020年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

神様たちのお伊勢参り : 7 波乱の戌神捕り物劇 のユーザーレビュー

レビューがありません。

神様たちのお伊勢参り のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 神様たちのお伊勢参り
    517円(税込)
    彼氏も職も失い、伊勢神宮に神頼みにやってきた谷原芽衣は、迷い込んだ山の中で不思議な青年・天に出会う。芽衣は、なりゆきで天の経営する宿『やおよろず』で働くことになったが、そこはなんだか不思議な宿。なんと『やおよろず』は、お伊勢参りにやってくる全国の神様たちが宿泊する宿だった!?
  • 神様たちのお伊勢参り : 2 逃げる因幡の白うさぎ
    谷原芽衣が伊勢神宮の内宮の裏山にある宿『やおよろず』で働き始めて4カ月。火の神様にオムライスを振る舞ったり、猿田彦大神(天狗様!)に道案内されたり、相変わらず不思議なお客さんでいっぱいの日々。そんなある日、芽衣は大国主に頼まれて、白いうさぎを探しにおかげ横丁へ行くが…大人気神様ストーリー、第二弾!
  • 神様たちのお伊勢参り : 3 護りの巨神とうなぐひめ
    11月になり、『やおよろず』の辺りも寒さが厳しくなったきた。中秋の名月は過ぎたがお月見をすることになり、天、燦、因幡とともに準備を進める芽衣。近くの野原にススキを調達に行った芽衣は、鹿屋野比売神という神様に出会う。彼女は「夫も天さんにお世話になっている」と言うが――日本中の神様がお伊勢参りにやって来る宿『やおよろず』を舞台に、神様との心温まる交流を描いた大人気シリーズ。
  • 神様たちのお伊勢参り : 4 生け贄の姫の想い人
    荼枳尼天たちが去って以来、こじらせていた芽衣の風邪が癒えると、天は突然「やおよろずを建て替える」と言い出した。天に「建物の守り神から札を貰ってくれ」と頼まれた芽衣は、せっせと建物中を走り回る。その頃、以前、芽衣が助けた白狐のシロが、芽衣のために『やおよろず』のそばに新しい宿を作っていた――大人気シリーズ第4弾!
  • 神様たちのお伊勢参り : 5 偽りの記憶 蝶々の導き
    シロが逃がした鹿を追いかけて、山中を駆け回る芽衣。そこで、大量の釣り針に埋もれた神様、山幸彦と出会う。山幸彦は芽衣の鹿探しを手伝ってくれ、あっという間に捕まえる。そのまま芽衣と鹿を抱えて草の縁まで運んでくれたが、芽衣は山幸彦から「紙のように軽い」と言われる。その後、やおよろずに戻った芽衣だが、天と出会った頃のことをどうしても思い出せずに…。芽衣にいったい何が!? 大人気シリーズ...
  • 神様たちのお伊勢参り : 6 帰る場所、約束の証
    人間に戻った芽衣はある晩、樫の木の上で、「過去のすべての満月の日に魂を運ぶことができる」と言う神様・ツクヨミと出会う。ツクヨミの力で、数百年前のやおよろずを見にいく芽衣。そこには、今よりも少しだけ若い天がいた…。大人気シリーズ第6弾!
  • 神様たちのお伊勢参り : 7 波乱の戌神捕り物劇
    芽衣と天は、毎年恒例のお伊勢参りに来ない磐鹿六雁命を心配して、栃木県にある高椅神社を訪ねる。しかし磐鹿六雁命は、海に蛤を採りに行ったままかえって来ていないという。捜しに行った海辺で海座頭という妖怪に会い、芽衣は「一番恐ろしいもの」を訊かれるが…。大ヒットシリーズ、第七段!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています