神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん

神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
紙の本 [参考] 702円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

仕事と恋に疲れた高橋寛人は、亡き祖父のアンティークショップを継ぐために神戸に移り住んだ。そこで出会ったのは、お店を間借りしている修理職人の後野茉莉。古い物に全く興味のない寛人だが、茉莉が修理をするモノに触れているうちに、“過去”を修理する勇気をもらう…茉莉のもとには、今日も様々な修理の依頼が届いてくる。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / その他女性向けラノベ
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2017年02月28日
紙の本の発売
2016年04月
サイズ(目安)
1MB

神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年11月08日

    アンティークショップってどんなところなんだろう?入ったことがないが、この物語のようにお客さんは、、、なんだろう。第2巻も楽しみである。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月13日

    友人だった亡き祖父から店を継いだPCでデザインをする二十三歳の寛人と、間借りした熱中型修理職人で二十七、八歳の茉莉の関係が微笑ましく、寛人の周りの関西弁も温かくて心地好い。二人共年齢より若く感じた。ガラクタ修理品の愛嬌と、バイオリニスト少年等活き活きした人物と物語。特に凜の天真爛漫さに楽しくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月22日

    両親の離婚によって「友人」として手紙のやりとりを10年続けてきた祖父 万から
    万が集めたガラクタがいっぱいつまったアンティーク堂を受け継いだ寛人。
    そのお店の一角では少し年上のお姉さん、茉莉が修理屋を営んでいた。

    古いものの価値なんてさっぱりわからない。新しいものの方が綺麗で便利だという寛人だが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月13日

    初めましての作家さんです。シリーズ第一弾。
    全てが修理に持ち込まれる品物ではない。
    昔から店に飾られていた店の顔ともいえるバイオリンや
    店に飾られていた壊れたバスの玩具だったり・・・
    新しい出会いと、アンティーク(我楽多?)に囲まれて
    寛人は、アンティークの価値も知らない自分に
    店を継ぐ資格がないの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月30日

    ゆっくり時間が流れるような、時にはあっという間に過ぎるような。
    関西弁が心地良い。まあ、神戸じゃなくてもいい感はあるけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月02日

    ひょんなことからアンティーク屋の店主になった男とそこにいる修理やの女性。物を介してつながる人やその気持ち。結構、情感豊かなストーリーでほっこり感動する。

    ライトな文章でスイーっと読み進むのだが、キャラクターを強く推す感じの書き方でアクを少し感じる。作者が自分で書いてて好きなんだろうな。
    ただ、続編...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月22日

    元祖父であり友人の万が遺した骨董品店を継ぐ主人公を取り巻く人達との話。
    生活劇。可もなく不可もなく。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月21日

    両親が離婚した後も「友人」として付き合っていた祖父・万が遺したマンションとアンティーク堂を譲り受けた寛人。
    お店を間借りしている何でも直せちゃう茉莉と出会い色々迷いながら心を癒していく物語。

    茉莉ちゃんの出生とあっさりした性格には驚きましたが好感が持てました。
    私的にはむしろツンデレバイオリニスト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年08月25日

    こちらの本はもともと古い物も好きですので、タイトルに惹かれて買った本の1冊です。

    お話は亡き祖父『万』さんがやっていた、アンティークショップのアンティーク堂を、古い物になんの興味も感じないパソコンでデザイン等をしていたデジタル人間の寛人が、お店を継ぐためにやって来て、その小さい頃の記憶が残ってるお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん
    仕事と恋に疲れた高橋寛人は、亡き祖父のアンティークショップを継ぐために神戸に移り住んだ。そこで出会ったのは、お店を間借りしている修理職人の後野茉莉。古い物に全く興味のない寛人だが、茉莉が修理をするモノに触れているうちに、“過去”を修理する勇気をもらう…茉莉のもとには、今日も様々な修理の依頼が届いてくる。
  • 神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん : 2 主を失ったジャケット
    亡き祖父・万のアンティークショップを継ぐために神戸に移り住んで5カ月。寒さも厳しくなるころ、寛人はアンティーク堂で使い込まれたいくもの灰皿を見つけた。修理職人の茉莉に聞いても、万が煙草を吸っていた記憶はないという。数日後、その灰皿を買いたいという客が現れた…古いモノには込められた“想い”を解き明かす、人気キャラクター小説第二弾。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

双葉文庫 の最新刊

無料で読める 女性向けライトノベル

女性向けライトノベル ランキング