財務省と政治 「最強官庁」の虚像と実像

財務省と政治 「最強官庁」の虚像と実像

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

国家の財政を担い、「官庁の中の官庁」「最強官庁」と称される財務省(旧大蔵省)。55年体制下では自民党と蜜月関係を築いた。だが90年代以降、政治改革などの統治構造改革が、首相の指導力強化と大蔵省「解体」を推進。2001年には財務省へ衣替えした。小泉政権、民主党政権、第二次安倍政権と政治が変動するなか、経済停滞と少子高齢化により財政赤字の拡大は続く。20年以上の取材をもとに「最強官庁」の実態を追う。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
320ページ
電子版発売日
2017年06月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

財務省と政治 「最強官庁」の虚像と実像 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年11月20日

    財務省のインテリジェンス機能を集約して作成された「竹下カレンダー」が竹下登氏の絶大な権力の源泉であったという話は興味深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月02日

    あまりに詳細すぎて、真ん中をショートカットしたが、財務省と政治をめぐるここ30年の歴史を記す「正史」となる本ではないか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月19日

    大蔵省、財務省が、その時々の政権と、どのように関わってきたのかが、重要な改革(省庁再編)から時代を追って書かれています。かつては最強官庁と言われていたものの、政治主導の世論を背に受けた、首相による圧力に翻弄され、苦労する実態を詳細に知ることができることは大きかったと思います。必死になって勝ち取ったも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月27日

    大蔵・財務省は「最強官庁」と呼ばれる/呼ばれていた。官房長官を名指して「彼に聞いても何もわかるはずがない」と言い切ったという話だから、確かに彼らはそれほどの権力を持っていたのかもしれない。

    ではこの財政状況は、一体どうしたものだろう。もし財務省が本当に「最強」の力を持っていたのだとすれば、GDPの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月07日

    本書は、「55年体制の爛熟期から安倍政権まで、大蔵・財務省と政治の綱引きを追い、それを平成の統治構造改革の潮流にも位置づけて実像を描き出す試み」であると著者は言う。確かに、財務省を軸とした主に1990年代以降の日本政治史としてよくできていると思う。著者はベテランの経済記者だけあって、取材の蓄積に裏付...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月19日

    55年体制末期の竹下による財務省コントロールは、財務省インテリジェンスを基礎に外交・皇室情報なども合わせて半年・1年先の政治日程を主体的に制御する手法であった。これにによって中長期の政局シナリオを描き、着地点から逆算して今打つべき手を熟考することができた。
    本書は、竹下以降、平成になってからアベノミ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月24日

    本書に取り上げられているエピソードは政治記者ならではの裏話的要素があるので、多くの人が楽しめるだろう。
    ただし、この本に書かれた政治・経済の現象に対して、著者はどんな思いなのか、どうすべきだと考えているのかはあまり書かれていない。
    'So what?'というのが感想である。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    55年体制下の大蔵省から、省庁再編後の財務省に代わり、二度の政権交代を経て役割を転じた財務省の実際に迫ったもの。かつての、調整役・憎まれ役をしていた時代とは法的権限も変わり、求められる新たな役割を模索している財務省。ある意味、大蔵省優勢下の政治状況を撃つ崩すという政の悲願は達成されたものの、政も官も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年12月02日

    雑誌か新聞の書評にて紹介されていましたので、手にとってみました。著者は日経新聞の編集委員で、財務省と政治の関わりを長年に亘って取材してきました。その大成が本書です。

    官庁の中の官庁として、戦後55年体制の中で行政の中核的役割を果たしてきた大蔵省が、93年の自民党下野、バブル崩壊による金融危機、そし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています