桜の園 神代教授の日常と謎

桜の園 神代教授の日常と謎

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

満開の桜の中に埋もれるように佇む洋館“桜館”。W大の同僚の大島に誘われ、館を訪れた神代宗と医者の辰野。大島の縁戚だという館に住む3人の老女は、老獪なふるまいを見せる。やがて花見の宴が始まるが、それはある過去をなぞり、大島の記憶を呼び覚ますようなものだった……。その直後、謎の人物が現われ、40年前の宴と一族の秘密が徐々に明らかになる……(「表題作」)。ほか、神代の亡き母への追憶を描いた「花の形見に」を含む「建築探偵」シリーズの番外編、第2弾!
【電子書籍特典】
●著者直筆サイン
●本書の舞台となった館写真(著者による解説つき)

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2017年05月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

桜の園 神代教授の日常と謎 のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年09月19日

    神代教授を中心とした
    『桜の園』辰野氏と『花の形見に』京介の二本立て。

    『桜の園』のラストの引用が印象的だったのだが
    (やがて時が経つと、私たちも永久にこの世を別れて、忘れられてしまう。私たちの顔も、声も、何人姉妹だったかということも、みんな忘れられてしまう。
    でも、わたしたちの苦しみは、あとに生...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

「神代教授の日常と謎」シリーズ のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 風信子の家 神代教授の日常と謎
    W大学文学部教授である神代宗のもとに、奇妙な手紙と小箱が届いた。「君にこの謎が解けるかな?」という挑発的な手紙と、箱の中には、精巧にできたバンガローの立体模型。その中には、背中から血を流す人形が配置されていた……。いったい誰が、何のために作ったのか? 記憶を辿るも、心当たりのない神代は途方に暮れる。やがて浮かび上がった二十数年前に遡る、神代の切ない過去とは?(「表題作」)ほか...
  • 桜の園 神代教授の日常と謎
    満開の桜の中に埋もれるように佇む洋館“桜館”。W大の同僚の大島に誘われ、館を訪れた神代宗と医者の辰野。大島の縁戚だという館に住む3人の老女は、老獪なふるまいを見せる。やがて花見の宴が始まるが、それはある過去をなぞり、大島の記憶を呼び覚ますようなものだった……。その直後、謎の人物が現われ、40年前の宴と一族の秘密が徐々に明らかになる……(「表題作」)。ほか、神代の亡き母への追憶を描いた...
  • 黄昏に佇む君は
    660円(税込)
    学生である神代宗は、ハーフの美青年・小森から「絵のモデルになってほしい」と頼まれる。小森の自由な物言いと振る舞いに翻弄されながら、宗は、それとは知らず、徐々に事件に巻き込まれてゆく。絵画の贋作騒動と、兄弟殺し、そして、自分自身にまとわりつく謎。「建築探偵」シリーズに登場するW大学文学部教授・神代教授の過去の事件が明らかになる――。「建築探偵」シリーズの番外編、第3弾! 【電子書...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています