池上彰の 世界はどこに向かうのか

池上彰の 世界はどこに向かうのか

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「トランプ大統領」はなぜ誕生したのか?
EUはこれからどうなる?
「憲法上、日本は核を持てる」って本当?

――「不確実」の現代を自分の頭で読み解くために

日経新聞本紙朝刊の大人気連載「池上彰の大岡山通信 若者たちへ」の書籍化第3弾!

池上先生が東京工業大学の特命教授として講義を受け持ち、学生に現代史やニュースの解説をするなかで感じたこと、大学生や20代をはじめとする若者たちへ伝えたいメッセージなどを綴ります。

「トランプ氏当選」や「Brexit」など、人々の分断やこれからの世界の不確実性などを示すニュースが相次いだ現代、なぜ「まさか」が起きたのかを振り返りつつ、「世界はこれからどうなるか」を自分の頭で読み解くためのヒントが得られます。

ジャンル
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
248ページ
電子版発売日
2017年05月05日
紙の本の発売
2017年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

池上彰の 世界はどこに向かうのか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年02月24日

    日経新聞本紙朝刊の大人気連載「池上彰の大岡山通信 若者たちへ」の書籍化第3弾

    東京工業大学での講義内容をまとめたもので、全体的に読みやすい。
    内容としては時事なので、なるべく早く読んだ方がいいかな。

    最後の小松左京の「哲学者の小径」という小説を例にした話が印象的だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月02日

    アメリカの若者も内向き思考、、、。トランプさんが出てくる一因?だとすると、日本もいずれ、、、。とならないように知性、教養を磨き続けないといけないということですね。最終章にあったように、過去の自分に殴られないようにしなきゃ。自戒です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月09日

    「池上彰の世界はどこに向かうのか」
    池上さんによる米国、トランプ大統領、EU、北朝鮮、原発事故、憲法などの解説である。
    米国大統領選では予想を間違えましたと素直に認めて、何を見落としたのか分析しているところがいかにも池上さんらしい。
    池上さんがいろいろとテレビで解説している番組を見ていたので内容にそ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています