【感想・ネタバレ】池上彰の 世界はどこに向かうのかのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年02月24日

日経新聞本紙朝刊の大人気連載「池上彰の大岡山通信 若者たちへ」の書籍化第3弾

東京工業大学での講義内容をまとめたもので、全体的に読みやすい。
内容としては時事なので、なるべく早く読んだ方がいいかな。

最後の小松左京の「哲学者の小径」という小説を例にした話が印象的だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月02日

アメリカの若者も内向き思考、、、。トランプさんが出てくる一因?だとすると、日本もいずれ、、、。とならないように知性、教養を磨き続けないといけないということですね。最終章にあったように、過去の自分に殴られないようにしなきゃ。自戒です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月09日

「池上彰の世界はどこに向かうのか」
池上さんによる米国、トランプ大統領、EU、北朝鮮、原発事故、憲法などの解説である。
米国大統領選では予想を間違えましたと素直に認めて、何を見落としたのか分析しているところがいかにも池上さんらしい。
池上さんがいろいろとテレビで解説している番組を見ていたので内容にそ...続きを読むれほど新鮮味はなかったが、改めて読むと池上さんのリベラルで中立的な見方がよくわかる。
本書は特任教授として東工大で教えている内容をまとめたものであるが、これだけ取材をし、テレビ番組に出演し、文章を書き、大学で特任教授として教えていることを考えると、いったいどんな生活を送っているのだろうかと思ってしまう。起きている時間は仕事ばかりではないのだろうか。
最後の章では若者たちへと言うことでいろいろとメッセージを送っている。
その中で小松左京の「哲学者の小径」という小説を例に引き「理想に燃え、正義感にあふれた若者がいつしか俗物になっていく」と言うことがないように健闘を祈る、という言葉が少々耳に痛い。

このレビューは参考になりましたか?