レッドベリルにさよなら 1
  • 完結

レッドベリルにさよなら 1

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 712円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【献身的な青年×死にたがり吸血鬼】「だったらオレを殺してくれ」子供の頃から誰にも必要とされず、自分の価値を見出せないでいた昭彦。生きることを諦めかけたその時、命を救ってくれた男・和重は、永い時を孤独に生きる吸血鬼だった――。恩人に何かお礼がしたい、と和重の元へ通う昭彦だが、「もうここには来るな」と冷たく突き放されてしまう。それでも彼の不器用な優しさに触れ、もっと知りたい、自分を見てほしいと惹かれる気持ちは抑えられず――。

カテゴリ
BL
ジャンル
BLマンガ
出版社
フロンティアワークス
掲載誌・レーベル
ダリアコミックスe
ページ数
164ページ
電子版発売日
2017年04月22日
紙の本の発売
2017年04月
サイズ(目安)
55MB

書店員のおすすめ

自分自身に存在価値を見出せず、投げやりになっていた昭彦の命を救ってくれた青年・和重。彼は、永遠の命を持つ吸血鬼だった…。

みちのくアタミ先生の新作は、なんと吸血鬼もの!
吸血鬼とはいえ人を襲うことはせず、輸血袋で食欲を満たす和重は「僕にできることがあれば言ってほしい」という昭彦の言葉に、だったら俺を殺してくれと言い放ちます。
昭彦はもちろん断るのですが、望まずして吸血鬼になってしまった和重の苦悩は深く、彼の半生がいかほどのものだったかと、想像しただけで涎……じゃない、涙が出てきます。
愛する人たちに次々と先立たれた吸血鬼の和重と、天涯孤独な昭彦は、同じ孤独を抱えるもの同士、ひそやかにその心の距離を縮めて行くのですが、和重を吸血鬼に変えた男・将門の登場を機に不穏な空気が漂い始めます。

2人に幸せは訪れるのか。そして、冒頭で和重が墓参りをしていた墓標の名前は……と気になることがモリモリの本作。続きが楽しみすぎます。
それにしても、吸血シーンってなんてエロいんでしょうか……将門に血を吸われる和重の表情はまさにエロスそのもの!仄暗い色気にぜひノックアウトされてください。

レッドベリルにさよなら 1 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年05月23日

    吸血鬼もの。センセらしいテイストもありながら、時代背景や登場人物の複雑な胸中も細やかに描かれていて、ストーリーに引き込まれてしまいました。
    そうそう。センセのこういうの待ってたんですよ~

    特筆すべきことはなんと!!エロシーンが全然なかったことです。センセはエロエロ特化だと思ってたのに(失礼)
    Hシ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    エロシーンは皆無…

    くもくも 2020年06月18日

    目立ってエロエロシーンはないけど、画力とストーリーに引き込まれます。
    意外なのが銭湯シーン
    まさかの将門様「石鹸貸して…」に、師夏のバタアシが見られるとは!
    2巻に期待大ですね♪

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年06月25日

    吸血鬼にされ、妻子に先立たれてしまった男。命を救った青年から世話をやかれるようになる。

    これからどうなるのか楽しみ

    このレビューは参考になりましたか?

レッドベリルにさよなら のシリーズ作品 全3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • レッドベリルにさよなら 1
    完結
    【献身的な青年×死にたがり吸血鬼】「だったらオレを殺してくれ」子供の頃から誰にも必要とされず、自分の価値を見出せないでいた昭彦。生きることを諦めかけたその時、命を救ってくれた男・和重は、永い時を孤独に生きる吸血鬼だった――。恩人に何かお礼がしたい、と和重の元へ通う昭彦だが、「もうここには来るな」と冷たく突き放されてしまう。それでも彼の不器用な優しさに触れ、もっと知りたい、自分を...
  • レッドベリルにさよなら 2
    完結
    【許されないほど燃える、欲情――。】「あなたと一緒に幸せになりたい」天涯孤独の青年・昭彦と不死身の吸血鬼・和重は、二人で過ごす時間が増え、急速に距離を縮めていた。そんな中、和重を吸血鬼にした張本人である将門が現れ、共に生きていくことへの覚悟を問う。動揺するも、自分の気持ちは揺るがないことを再確認する昭彦。一方和重も昭彦への想いを自覚するが、過去の辛い記憶が蘇り、彼を突き放し――。
  • レッドベリルにさよなら 3
    完結
    【人間と吸血鬼の許されない恋、堂々完結!】「あなたの願いは僕の願いです」 昭彦は将門から「吸血鬼」になることを持ち掛けられる。それは、和重を一人にさせないためのたった一つの方法だった。断ったものの、和重への想いが日に日に増していく昭彦。先に逝く覚悟が揺らぎ始め、それを察した彼とすれ違いが生じる。そんな中、昭彦が事故で瀕死の傷を負ってしまう。「助けるためには、吸血鬼にするしか...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています