逆説のスタートアップ思考

逆説のスタートアップ思考

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

爆発的成長を遂げる組織、スタートアップ。起業を志す人、新事業立ち上げに携わる人が増えた昨今、そこで培われた方法論は高い価値を持ち始めた。一方Microsoftで多くのスタートアップを支援し、現在、東大産学協創推進本部で講義や起業サポートを行う馬田氏曰く「日本が健全な社会を維持するためにスタートアップが不可欠」と主張する。なぜスタートアップが必要なのか? 逆説的で反直観的な思考法が爆発的成長をもたらすのか? そして東大生がスタートアップを学んでいる理由とは? 孫泰藏氏、推薦!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / IT・Eビジネス
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書ラクレ
ページ数
272ページ
電子版発売日
2017年03月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

逆説のスタートアップ思考 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月19日

    スタートアップとは何なのかについてよく理解できた。スタートアップ思考は普段の直感的な考えとは異なるところが多く思考としての幅が一気に広がったように思う。コモディティが避けにくい現代社会においてスタートアップで働かなくてもこの考えを持つことは意味があると思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月29日

    p.143 スタートアップにとってもっとも重要なことは、「人の欲しがるものを作る」ことです。スタートアップを始める人たちは「誰かが欲しがるもの作る」ということを忘れがちです。人はつい「自分の作りたいもの」や「誰かがきっと欲しがると決めているもの」を作ってしまい、時間を無為に過ごしてしまったあと、資金...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    米国で「スタートアップ」と呼ばれる会社はとにかくクレイジー。出資するVCも同じ。「三振かホームランか」で一攫千金を夢見る凄まじい連中が、一日も早く市場を独占することを至上命題としてしのぎを削る世界。「儲かるかどうか」を丁寧に説明して何ヵ月後かに出資が決まる日本とは基本的に違う。「最近できた会社」をス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月11日

    起業したい人だけでなく、スタートアップを支援する立場だったり、スタートアップと戦う立場である人にとっても非常に有益な事がまとめられた一冊。

    自分が今の会社で働き続けるにしても必要な考えが幾つもあった。


    筆者の思考の基底に人類発展、日本復活のような大きなテーマがあり、そこに向けてのスタートアップ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月14日

    1.不合理なほうが合理的
    2.難しい課題ほど簡単になる
    3.本当いよいアイデアは説明しにくい
    4.スタートアップの成功はべき乗則に従う

    「リスクを取らないリスク」といった威勢のよい文句を言う人に対して否定的な意見。
    背水の陣ではなく、いかにリスクをコントロールするかが大事。

    普通の人でも、この本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月14日

    ・スタートアップとスモールビジネスは違う。スタートアップであるかどうかのポイントは急成長を目指しているかどうかである
    ・スタートアップは誰も手を付けていないアイデア、つまり「他人から見れば不合理なアイデア」や「他人からは悪く見えるアイデア」あるいは「まだ世間的なコンセンサスがとれていないアイデア」を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月26日

    まさにこれさえ読んでおけば、の一冊

    アイデア、戦略、プロダクト(実行)で、大切な要素が詰まっている。走りながら読み返して、再認識したい一冊

    賛成する人はいないが、自分だけが知っている大切な真実を前提としたアイデアか
    Why this?Why you? Why now?に答える
    性能、コスト、サイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月11日

    会社からの課題図書。
    成功するスタートアップとは。がたくさんの事例と共に書かれていて響く。
    この視点、視座を維持するのが大事だ。
    著者の馬田さんが32歳という若さに驚き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月06日

    シリコンバレーのスタートアップ系書籍の内容がよくまとまっていて読みやすい。
    引用している本がどれも良書ばかりなので派生して読んでいきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月01日

    著者の馬田隆明氏は、日本マイクロソフトでスタートアップの支援を行っていた人で、現在は東京大学で学生にスタートアップのレクチャーをしている。
    33歳で本書を出版していることに驚く。
    内容は、スタートアップではないビジネスマンにも通じるものが多く含まれている。
    イノベーションが社会を変える時代である。そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています