人魚の森 1

人魚の森 1

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 576円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

▼第1話/人魚は笑わない[前編]▼第2話/人魚は笑わない[後編]▼第3話/闘魚の里[前編]▼第4話/闘魚の里[後編]▼第5話/人魚の森[前編]▼第6話/人魚の森[後編]●主な登場人物/湧太(元は漁師。人魚の肉を食べ500年間不老不死のまま生き続けている)、真魚(まな。女ばかりの不思議な里で育てられた少女。気が強い娘)●あらすじ/若者であふれる真夏の海辺を、薄汚い格好をした男が地図を手に歩いていく。その男、湧太の目的地は野摺崎。そこは、険しい山と岩壁ばかりの海岸に囲まれた秘境であった。湧太は、500年前に人魚の肉を食べ不老不死になった体を元に戻してもらうため、人魚を探す長い旅を続けていたのだ。湧太が山中に分け入っていくと、そこには人知れず、しかも女だけが隠れ住む村があった。女たちは、なぜか真魚という少女に足かせをはめ、監禁するように育てていた…(第1話)。●本巻の特徴/湧太と真魚の出会いを描く「人魚は笑わない」のほか、“人魚”と“不老不死”にまつわるエピソードを収録した全6話。遠い過去、湧太が流れ着いた島で助けられた凛との出合い。そして、人魚を執拗に探す、砂や逆髪島の海賊衆たちとの渡り合いを描く「闘魚の里」。旅の途中で真魚とはぐれてしまった湧太が真魚を探すべく辿り着いた場所は、人魚の肉が隠されているという森だった…表題作でもある「人魚の森」。2003年10月のTVアニメ放送開始を記念して、新装版で発売!!●その他の登場人物/凛(湧太が流れ着いた鳥羽島の娘。女ながらに若頭として島をまとめる)、逆髪の頭(鳥羽島の隣にある逆髪島の海賊衆の頭。行動は残虐非道)、砂(いさご。逆髪の頭の女房。頭をたきつけて人魚を探させている)、登和(とわ。人魚の森の中にある、神無木家に住む白髪の少女)、佐和(さわ。人魚の森の中にある、神無木家に住む老婆)、椎名(神無木家にかかわりが深い老医師)●その他データ/巻末に、連載当時の表紙及び予告イラストを収録。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
週刊少年サンデー
シリーズ
人魚シリーズ
ページ数
264ページ
電子版発売日
2017年03月22日
紙の本の発売
2003年10月
サイズ(目安)
59MB

新刊オート購入

人魚の森 1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年11月04日

    小学校の時に買ったのだが、その恐ろしさに驚いた。

    夜眠っていても瞼を閉じれば浮かび上がる。なりそこないだったり顔の皮膚を入れ替える女だったり、眼球を盗んだ男だったり。

    人魚の森は犬夜叉やうる星やつらの高橋先生しか知らなかった私にとってトラウマのようなものです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    チェッカーズ

    キタモルト 2021年01月18日

    これに出てきたチェッカーズ。懐かしい。
    今読んでも、古さを感じず、また絵柄も今と変わらない。
    高橋留美子の非凡さを感じさせる。
    このシリーズは萩尾望都の「ポーの一族」の留美子版である。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    凄く面白い

    やまだ 2019年11月16日

    凄く面白い

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    人魚シリーズ

    波平 2018年02月18日

    久しぶりに読んでも良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月26日

    昔読んで泣きまくった本。
    入院中時間を持て余して
    死と向き合っていた時に読んでいたせいかもしれない。
    永遠の命を持つことがいかに◯◯◯なのか
    そして生きること死ぬことの意味を改めて考えさせられる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月27日

    高橋留美子先生の中で名作だと思います。

    人間は生きるより死ねないことのほうがつらいのでしょうか…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月18日

    昔、親戚の家でちょっとだけ読んだのを思い出し、
    急にいてもたってもいられなくなって購入。
    人魚の肉を食べた結果、
    悠久の時をさまようことになった青年と少女の物語。
    すっっっごく面白い!
    人魚モチーフの小説やマンガって、
    こういうグロテスクで残酷なストーリーこそ
    しっくり来る気がする。
    単に美しいキメ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月09日

    人魚の肉を食べ、不老不死になった男が、死ねる身体を求めて旅をする連作短編集。面白い。高橋留美子作品の中でおそらく唯一コメディ要素がない漫画。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月06日

    けっこう、衝撃的だったんですよね。シリアスな高橋留美子作品。

    だから、「人魚が笑わない」のラストが、湧太が真魚をオンブしているシーンだったのも、ちゃんと覚えています((でも、あいかわらずいい加減な記憶なので、本当かどうかは知りたい人は自分で調べてね))。
    あのシーンは、けっこう印象的で、さらに次の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年03月03日

    高橋留美子さんの作品の中で一番好きなシリーズ。

    湧太も真魚も毎回死ぬ思いしてるしてて痛々しいけど、登場人物が人魚を巡っての生への業がなんか切ない。

    また新作を描いてほしいなと思ってます。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています