フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術

フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術

作者名 :
通常価格 850円 (773円+税)
紙の本 [参考] 957円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

年上の部下、育たない若手……多様化する職場の人材に対応できず、部下育成がおろそかになっている現代のマネジャーたち。何とかしなければという焦りはありつつも、自らもプレイングマネジャーとして実績を求められ、部下を指導している時間がない……。そんなマネジャーの悩みを解決する、日本の企業ではあまり知られていない人材育成法、それが「フィードバック」である。フィードバックとは、「成果のあがらない部下に、耳の痛いことを伝えて仕事を立て直す」部下指導の技術のこと。コーチングとティーチングのノウハウを両方含んだ、まったく新しい部下育成法である。本書では、そんなフィードバックについて、基礎理論から実践的ノウハウまでを余すことなく収録。読めば、成果が今一つあがらないという職場から、人が育ち、成果もあがる組織へと変身! 「フィードバック」の入門書にして決定版の一冊。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHPビジネス新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2017年02月24日
紙の本の発売
2017年02月
サイズ(目安)
6MB

フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月23日

    ー 私はフィードバックで相手が立て直すまでの「期限」を決めることをおすすめしています。一般的に三回~五回くらいでしょうか。それまでは、相手の成長を信じ、フィードバックをします。相手にも、「変わるまでには猶予や期限があること」を通知していきます。

    しかし、それでも、どうしても、部下が自分を変えようと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月29日

    学問的見地と実践的な経験論の双方から、人材育線のエッセンスをわかりやすく述べてくれている良書。大変に勉強になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月20日

    フィードバック系最高の良書。
    組織も上司も先輩も、成長に資する資源を提供しなくてはならない。その資源提供の手段としてフィードバックスキルを学ぶべき。

    ○フィードバックとは
    ・情報通知(ティーチング)
    ┗ たとえ耳の痛いことであっても、部下のパフォーマンス等に対して情報や結果をちゃんと通知すること
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月03日

    部下はコーチングだけでは確かに育たない。気づけない人は気づけない。ティーチングをおり混ぜながらの指導が必要だと思う。
    その点、どちらの要素も取り入れたこの本のフィードバックの概念は非常に有効だと思う。

    又、部下育成の基礎理論の部分の仕事を任せる「ゾーン」の話は非常に参考になった。

    部下、後輩を持...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月17日

    抽象的な理論やフレームワークだけでなく、具体的にそれらをどのように使って良いフィードバックを行うのかがリアルな事例のお陰で凄くイメージできる。
    また、最後にフィードバックは個人の問題ではなく組織の問題であるという点にも至極共感する。

    「良いフィードバックのできる組織=強くて良い組織」
    「良いフィー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月06日

    人を育てるのに必要な物。それはフィードバック。フィードバックの重要性、やり方が書かれた本。すごく参考になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月14日

    p.82 ストレッチゾーンとは、適度にチャレンジや背伸びをしているときの心理状態のことです。できるかできないか多少の不安はあるけれど、それよりも成長している実感や、新たな仕事を遂行できるワクワク感の方が勝っている心理状態です。
    → ストレッチゾーンは広い人もいれば狭い人もいる。ストレッチゾーンが狭く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月24日

    経験学習と周囲の関わりの2軸の視界から全体感が分かりやすかった。また、コーチングとティーチングの対立についての整理も納得。フィードバックというと言葉はシンプルだが、その実践は組織状況や相手のタイプやアプローチ方法など奥深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月29日

    「部下に言いづらいことをいえない」上司の方にオススメ!辞めちゃうかも、時間かかるかも、かけてもどうにもならんかも、そもそも自分はあってるのかな、などの不安があっても、個人と組織の未来のために身を捧げる覚悟が必要。
    身につまされる思いです。具体的な手法や事例も参考になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月16日

    初めて他人にフィードバックしなければならない立場になり、本書を読みました。
    具体的な事例を含めて紹介されており、とても参考になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

PHPビジネス新書 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング