Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課の攻防

Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課の攻防

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 594円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【応援の声続々!】物心ついた頃から“ブス”だったわたし。子供の時に参列した結婚式に憧れて、せめて誰かの幸せな瞬間を演出したいと、ウェディングプランナーの職に就いた。様々なお客様が人生の門出を祝おうとホテルを訪れる。そんなわたしが、やり手の美形上司・久世課長に求婚(プロポーズ)された!? 「香澄さん、ずっと探していました。あなたのような…絶世のブスを」「はぁ!?(怒)」三浦しをん憤然!「こんな男に香澄みたいないい子はふさわしくない!(笑)」。2016年ノベル大賞受賞作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2017年02月17日
紙の本の発売
2016年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB
  • 映画化

    「Bの戦場」

    2019年3月15日公開
    出演:よしこ、大野拓朗、高橋ユウ

関連タグ:

Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課の攻防 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年04月07日

    痛快!爽快!
    おもしろかったぁ〜!
    読みながら吹き出したのは久しぶり。

    物語のヒロインはたいてい美しいものですが
    そこがBなわけで。
    しかも、そんじょそこらのBではなく
    最上級のBなわけで。

    容姿のことは、なかなか他人にわかりにくい傷を持っているものです。
    愛想笑いでやり過ごしたり
    傷ついた自分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月06日

    試し読みしてから気になってしまって、思わず手に取りました。
    本当に面白かった!
    これほどまでにブスブス言われて、でも本当にとても素敵な女性。
    残念イケメンヒーローにはもったいない(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月28日

    イオンの本屋でたまたま手に取りました。
    読んでみるとめっちゃ面白い。
    ブスを題材に、すごく面白く描写されている。容赦ない。
    中盤~終盤がとてもキュンキュンしました。純粋な恋心というか、主人公の真っ直ぐさが伝わってくる。
    恋愛面ではなく、主人公の強さ、人のために動く力、ブスは藻掻けといわんばかりの行動...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月10日

    「ブス」っていう言葉、今時流行らないし…なんか、ねぇ、って思ってたけど、不覚にも泣いた。主人公がひたむきに仕事に向き合ってる姿に泣いた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月25日

    面白かったですね。久しぶりの大物新人かも、です。

    子供の頃からありえないほどBUSUだった香澄。そんな彼女が選んだ仕事はウエディングプランナー。人を幸せにする仕事。プランナーとして一流の存在になった彼女の職場に王子様のような上司が赴任。

    そんな完全で完璧な美貌を持った上司が香澄に求愛したのは、彼...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月22日

    恋は盲目なんてエ申しますが、落語の枕詞みたいなのが最初の感想(笑)
    お仕事小説としたらテンポも良くてスイスイいけました。
    ブライダル業界や最後の大逆転の秘策?のホテル事情は知りませんでした。

    で、良いんですよ主人公の個性だから、ただ、あそこまでブスを強調したりゴキブリに例えたりまで必要だったのか?...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月23日

    最後の最後にやっと1巻に戻るという読み方でも
    スタート巻が一番面白かった。
    恋愛だけじゃなくお仕事小説の要素が強くて
    楽しんで読める。
    誰かに頑張りを認めて欲しい、それは切実で共感できる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    絶世のブスとして生きて来た香澄とB専の美形上司の久世の攻防が鮮やかで、ウェディングプランナーとしての仕事も濃密で爽やか。腐らずに生き仕事をする香澄が変態な久世のアプローチにだけは毒を吐くコミカルさを楽しむ一方で、洒落でなく傷付く様にハッとする。三角関係の乱暴でない結末も良い。緩急が効いていた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月09日

    主人公の香澄と久世課長のプライベートな時のやりとりがウケました!!きっとブスをこのうえなく愛してるはずなのに口から出てくる言葉は香澄にとっては貶しているようにしか聞こえない。その時の香澄の心の声のツッコミがとても面白くて、この2人のやりとりをずっと見ていたいなーって思いました( 笑 )

    次の巻も出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月30日

    読もうかなどうしようかなと悩みに悩んで手にしたけれど、とても明るい気持ちになれるラブコメだった。
    噂に聞いていたけれど、まさかここまでブスブス言われるとは。
    おまけにB専かと思ったらそうでもない。ヒーローの突き抜けた思考。主人公もとても好感できる真面目さと優しさ。

    なんて残念なイケメンヒーロー。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

Bの戦場 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課の攻防
    【応援の声続々!】物心ついた頃から“ブス”だったわたし。子供の時に参列した結婚式に憧れて、せめて誰かの幸せな瞬間を演出したいと、ウェディングプランナーの職に就いた。様々なお客様が人生の門出を祝おうとホテルを訪れる。そんなわたしが、やり手の美形上司・久世課長に求婚(プロポーズ)された!? 「香澄さん、ずっと探していました。あなたのような…絶世のブスを」「はぁ!?(怒)」三浦しをん憤然...
  • Bの戦場2 さいたま新都心ブライダル課の機略
    “絶世のブス”ながらウェディングプランナーとしてお客様の幸せのために頑張るわたし、北條香澄は、自称“意識の高いB専”久世課長に斜め上な求婚をされ困り果てていた。そんな時、中途採用の年上新人、財前さんの教育係を任される。美人で自尊心の高い財前さんと仕事のやり方で対立する中、2人で担当したお客様が「結婚式の費用が払えない」と言い出して…!?
  • Bの戦場3 さいたま新都心ブライダル課の果断
    「絶世のブス」ながらウェディングプランナーとして活躍するわたし、北條香澄は、フラワーショップに「わたし並みにブス」な城ノ宮さんが配属されたことに思いがけず動揺していた。「意識の高いB専」久世課長の目に彼女はどう映るのか……。そんな時、城ノ宮さんが先輩プランナーの玲子さんを陥れようとしたのを知ってしまい!? 笑って泣ける痛快お仕事小説!
  • Bの戦場4 さいたま新都心ブライダル課の慈愛
    「絶世のブス」ながらウェディングプランナーとして活躍するわたし、北條香澄。就職活動のために居候していた弟の芳輝が、帰る前に彼女を呼ぶことに。それを知った久世課長が二人のために部屋を取り、芳輝に取り入る画策を始めた。課長と家族ぐるみのつきあいをするつもりのないわたしは慌てるが、その上芳輝の彼女が課長に興味を持ってしまったようで…!?
  • Bの戦場5 さいたま新都心ブライダル課の変革
    「絶世のブス」ながらウェディングプランナーとして活躍するわたし、北條香澄は、たいへん不本意ながら「意識の高いB専」久世課長と付き合うことになってしまった。彼氏彼女の距離がわからず戸惑うなか、外部のウェディングプロデュース会社と共同で披露宴を企画することに。最先端の演出に感銘を受けていた矢先、新郎が「結婚式をしたくない」と言い出して…。
  • Bの戦場6 さいたま新都心ブライダル課の門出
    ウェディングプランナーとして活躍するわたし、北條香澄。友達の結婚式をプロデュースすることになったが、新郎が同僚の玲子さんの元ダンナだと知って…。後輩も入社し仕事がのってきた矢先、他社から引き抜きの話が!? でも久世課長は引き留めてはくれず…。最後に出した結論は!? 「絶世のブス」だけど恋も仕事も頑張る「いい女」香澄の活躍、クライマックス!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています