僕らが毎日やっている最強の読み方 ―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

僕らが毎日やっている最強の読み方 ―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

作者名 :
通常価格 1,512円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【遂に出た!2人が毎日やっている「最強の読み方」最新の全スキルが1冊に!】 
【予約殺到!事前注文多数!発売前から、もう7万部突破!】

★池上彰氏、佐藤優氏は毎日「何を」「どう」読んでいるのか?
★どうすれば、彼らのように「自分の力で世の中を読み解ける」のか?
★「新聞1紙5分」「月平均300冊の読書」はどうすれば可能か?
★「スマホ」「アイパッド」「新聞電子版」「dマガジン」はどう使いこなすか?

■2人の「アイフォン&アイパッド画面」もカラー写真で公開(巻頭カラー16ページ)
■「研究室」「仕事場の本棚」「仕事アイテム」「愛用グッズ」の写真も完全公開

「新聞」「雑誌」「ネット」「書籍」をどう読めばいいのか?
そこから「知識と教養」をいっきに身につける秘訣とは?

みんなが知りたかった「2人の知の源泉」が、いま明らかに!

《本書の5大特色》
【1】2人の「読み方の最新全スキル」が1冊に
■これだけ読めば、全ノウハウがわかる

【2】「普通の人ができる方法」をやさしく具体的に解説
■今日からできる!これなら続けられる!「超実践的な技法」を紹介

【3】「重要ポイント」がひと目でわかり、読みやすく、記憶にも残る
■「70の極意+総まとめ」「重要箇所は色付き」だから、わかりやすく、読んだら忘れない

【4】とにかく内容が具体的――「おすすめサイト全一覧」から「新聞・雑誌リスト」「おすすめ本」まで紹介
■「何を、どう読めばいいの?」知りたい情報・答えが、すべてこの1冊に

【5】2人の仕事グッズも完全公開!見るだけで参考になる!
■「巻末カラー」16ページ!「特別付録」は3つも収録! 巻末では「人から情報を得る技法」まで解説! ここだけでも面白すぎる!

「知の源泉」をここまで公開したのは本書が初!
2人の「共通点」と「違い」が面白い!

この本で、自分なりの「最強の読み方」を身につけよう!

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
330ページ
電子版発売日
2016年12月16日
紙の本の発売
2016年12月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年07月09日

佐藤優さんと池上彰さんの対談本。世の中の最前線で情報を集め、大量のアウトプットをしてる2人が、どのように情報を集めているか、が書いてある本。情報は単行本だけでは無くて、インターネットや、新聞、雑誌等、多岐にわたり、明日から取り入れられる簡単なノウハウから、じっくり腰を据えて対応しなくてはならない件ま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月05日

仕事のためってのも勿論あるだろうけどお二人の持つ知への欲求、学ぶことへの意思に圧倒された。こういう生き方をしている人がいることを知れただけでも読んでよかった。購読リストには驚愕した。日本の主要新聞だけでなく雑誌もたくさん、それでいて読書量、、信じられないし私からしたら人間なのか情報なのか最早わからな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月02日

著者2人の博識はよく知られるが、それも様々な媒体からの膨大な情報量を日常的にインプットし続けている賜物で、その工夫を纏めた本。対象は主に新聞、雑誌、書籍に大別され、肝は取捨選択といったところ。時間は有限なので最強の読み方とは生産性という事になり、取りこむべき情報を俯瞰し強弱をつけてインプットする事、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月26日

読書本を何冊も読むと、どれも同じようなことが書いているのがわかる。特に佐藤氏の読書論は一度読んでいるので重なる部分が多いのは当然か。池上氏の控えた口調が好感。どちらも基礎の学びを強調。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月25日

世の中を見通す力をつけるために池上さんと佐藤さんがどんなことをしてるかって話なんだけど、できることはマネしてやってみようと思う。 新聞を2紙は大学時代にやってて懐かしく感じる。 雑誌やネット、書籍と情報源の種類別に付き合い方がある。効率よくそれぞれと付き合っていこう。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play