生きがいの創造II 永遠の愛・めぐり逢う生命

生きがいの創造II 永遠の愛・めぐり逢う生命

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

単行本『生きがいの創造』が、まったく新しいタイプの人生の案内書として話題を呼んでから、本書の親本であり、続編となる、単行本『生きがいの創造II』が世に出るまでに、実に9年の歳月が過ぎていた。そして、その本の冒頭には、「このことを公開すべき時がようやく、やってきました」とある。つまり、『生きがいの創造II』とは、『生きがいの創造』を発表するにいたった経緯を、著者自身が綴った告白の書と言ってよい。内容は、「そんなこと絶対にあり得ない」と言いたくなったり、「これは空想的な物語だろう」と評価する読者がいるかもしれない。しかし、ここに書かれていることは、まぎれもなく、著者自身の体験なのである。直観力が鋭くなくても、「心の眼」を大きく開いて読めば、そういう世界が存在しても不思議ではないと、理解できるはずだ。その時、読者は歴史が変る証人になっているはずだ。なぜ生きなければいけないか、その理由がわかる本。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
408ページ
電子版発売日
2016年12月16日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

生きがいの創造II 永遠の愛・めぐり逢う生命 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年01月09日

    スピリチュアルな概念に疑問を持っていた著者が、ある経験を契機に様々な体験をしていくドキュメンタリー。
    この出来事が本当かどうかを検証することは不可能だけど、著者の体験したことが非常に生々しく、まるで自分がその体験をしているかのような錯覚に陥るほど、描写がリアルに感じられる。スピリチュアルな概念に疑問...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「つらい苦行」ではなく「楽しい修行」をという、心の支えになる本です。魂とは何か、思いやりとは何かに気がつけると思います。シリーズ本でお薦めです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    物語になっていて、読みやすい。

    魂のメッセンジャー続けてもらいたいです。
    さらに発展して、多くの方が支えられ助けられる
    環境つくりができたらもっといいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    「生きがいの創造」を父から薦められて読んだのはもう11年も
    前のこと。そんな父は今ではあまり興味なさげですが、
    私はひそかにずっと飯田先生に一目置いてます。

    久しぶりに「生きがい」シリーズを読み返そうかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月06日

    自分の病気の症状と同じだと思った。死んだ人の声が聞こえるのは、霊感ではないかと思ったが、自分の場合は、著者と違い、相手にしないで会話をしていない。自分と類似した一種の超能力者ではないかと思った。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年06月18日

    前作ではさまざまな輪廻にかかわるレポートを飯田氏が紹介しながら、輪廻転生についての広範な説明であったが、今回はそもそも飯田氏が、なぜ福島大学の経営学の教授でありながら、スピリチュアルな本を刊行することに至ったかの説明になる。
    というより、飯田氏のスピリチュアルな体験の紹介が大半でこれだけを読んでいる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています