生きがいの創造[実践編] 悩み苦しむ人をどのように導くのか

生きがいの創造[実践編] 悩み苦しむ人をどのように導くのか

作者名 :
通常価格 950円 (864円+税)
紙の本 [参考] 1,100円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

私たちは、スピリチュアルな現象をどのように理解し、その疑問に答えれば良いのか――。30年前の奇跡的な出来事から自らの能力を発見した著者は、その後の臨死体験を経て、いかなる困難な悩みにもカウンセリングをほどこす「光の学校」を設立した。本書は、悩み苦しむ人々の「魂の救済活動」を続けてきたスピリチュアル・カウンセリングの事例の一端を各界の切実な要望を受けて紹介したものである。未曽有の試練となった東日本大震災における魂の対話をはじめ、「先立った夫からのメッセージ」「運命の赤い糸」「死後の生命」「幽霊の正体」「神様の証明」「病気になる理由」「うつ状態からの脱出」など、生きがいを失った人々に、なぜ困難に出合うのか、生きる意味と価値、自らの使命とは何であるかといった人生の“根源的な問い”に対して分かりやすく答えた渾身の一冊。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
480ページ
電子版発売日
2015年05月29日
紙の本の発売
2014年03月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

生きがいの創造[実践編] 悩み苦しむ人をどのように導くのか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年02月22日

    実践編ということで、飯田さんが実践された内容が書いてあった。読者が実践するというようなことではなかったので、ちょっと物足りなかった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年05月20日

    およそ20年前、身内の自死後、飯田先生の本に出会い、大変お世話になりました。母を慰め、自分がどのように受け止めるべきか、たくさんのヒントをいただきました。

    その後、わが子が誕生し、その障害受容の時にも、大変お世話になりました。
    今、その子が体調や精神を病み不登校となり、改めて飯田先生の本を求めたと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています