ホイッスル
  • ptバック

ホイッスル

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
紙の本 [参考] 858円 (税込)
獲得ポイント

251pt

  • 30%ポイントバック

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

長年連れ添った夫が突然失踪し、思い出の詰まった家も失った。理不尽な状況に、園原聡子は戸惑い絶望の淵に立つが、娘や姪、誠実な弁護士たちの支えで、新たな生活に向かって歩み出す。そして、夫を奪った不倫相手・沼田和恵と、法廷で対峙する日がやって来た。底知れぬ悪意に翻弄されながら、それでも強く生きる人びとの姿を通して、家族、夫婦の在り方を問う感動の長編!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2016年12月23日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ホイッスル のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年08月30日



    再読。
    以前よりは、かなり客観的に眺めていたとは思いますが、やはり辛い読書でした。

    和恵の悪意に絡め取られ、翻弄された家族。
    長い夫婦の時間があればこそ、夫の不義理に対して、恨みがあってもどこか許してしまう気持ちもあったのかもと、聡子の心根を想像する自分がいました。

    家族に支えられ、自分の足...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月05日

    今まで読んだ著者の本とはかなり趣が異なる登場人物が多数登場。それでも根底のテーマはやはり同じなのかな。最後に醜態を晒し惨めに退場する総理大臣がまさに今いるが、この本でもどうしようも無い最低の爺さんが主人公のひとり。歳を取ってからの過ちはそれまでの人生を全て否定してしまう。変な女に引っかからないように...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月14日

    ストーリーとしては、大変面白く一気に読んでしまいました。
    ただ、辛すぎて、気持ちが落ち込みます。
    看護師の母親は、そんなに悪者でしょうか?
    夫の愛情も金銭的な支援も無く、子育てしながら必死で働いて来たのに、最後の最後に全てを失ってしまうなんて。
    息子のうち1人でも母親の辛さをわかって、助けてくれてた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    底知れぬ悪意に翻弄されながら、自分を失うことなく強く生きる人びとの姿を通して家族の在り方を問う家族小説。
    愛情とは人間の根幹から形成されるだけに、間違った経緯で誕生するとたちが悪い。長年連れ添った妻よりも、不幸な生い立ちの女性を守りたいという気持ちが、単純に誤っていると断言できないのが、この作品の怖...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月13日

    70を超えた夫に不倫された挙句
    家も全財産も奪われた妻。

    一人娘と義姉の娘と力を合わせて
    不倫相手の女に立ち向かう。

    夫の章が、ゲス看護師の沼田和恵に
    溺れるのが、ただただ情けない。

    同じ家族でもこうも違うのかと。

    妻の聡子が言う台詞
    「不幸はみんな同じ量だけど
    幸せは心がけで変わってくる」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月23日

    夫、章のアホさと、不倫相手の沼田の金しか目に入らない浅はかさにイライラしながら読んだ。
    こんな裏切りが待ってる結婚なんて嫌だーーー。
    弁護士さんや、事務員や、娘や姪がまともだから読めたけど、ほんと、読むのがしんどくなるくらい嫌な感じの話しだった。
    小説としては面白かったのかな。
    いやー、気分悪い。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています