一九三四年冬―乱歩

一九三四年冬―乱歩

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

昭和九年冬、スランプの末、突如行方をくらました超売れっ子作家・江戸川乱歩。時に四十歳。謎の空白の時を追いながら、乱歩の奇想天外な新しき怪奇を照らす。知的遊戯をまじえ、謎の日々を推理。乱歩以上に乱歩らしく濃密で怪しい作中作を織り込み、昭和初期の時代の匂いをリアルに描いた第7回山本周五郎賞受賞作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2016年11月25日
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

一九三四年冬―乱歩 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年03月21日

    久しぶりにぐいぐいひきこまれる小説を読んだなあと思う。乱歩は短編集1冊しか読んだことのない自分でもとても楽しめた。あまりのおもしろさに友達に勧めまくったけどヘンタイチックな表現が多々あるので、なんだかちょっと気まずいような……笑

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月09日

    乱歩ファンが乱歩を主人公に乱歩作品を書くというすさまじい実験作。特に作中作での描写が妖艶ですごいのだが、乱歩はもちろんポー、クイーン等の解説と、未来からの予言(既に今は過去)の段で幾度と無く現実に引き戻されるのが難点。乱歩作の短編(除く少年探偵団)は9割方読んだよ、と言う人にオススメ。ジャンルむずか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月15日

     久世輝彦さんの傑作中の傑作です。

     1934年の冬、極度のスランプに陥った乱歩は行方をくらまします(事実)このことに着想を得た著者は、この間に乱歩がホテルの一室にこもり「梔子姫」という新作を書き上げたという話を作り上げました。ただこれだけの話です。ただこれだけなのに久世さんはものすごく面白い話に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月21日

    もうこんなペダンティックな文章で書かれた新しい小説は二度と読めないと思うと、残念というより悶え苦しむほど口惜しいのです。

    まさしく自らの嗜好と性癖と偏向に呪縛されたイマジネーションの産物以外の何ものでもない、ピーンと張ったひとすじの妖しい耽美的感覚は、至上の喜びであると同時に戦慄の恐怖でもあるので...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月05日

    とっても面白かった、いろんな本の話がでてきて興味深い、濃密で妖しい空気に酔った。品切重版未定とは…買っといてよかった、危なかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    江戸川乱歩の、ある冬の四日間をエロティックな文章で描く。作中、乱歩は「梔子姫」という小説の執筆に取り掛かる。本編と同時進行的に、この作中作が完成に至る過程を追っていくのだが……。この「梔子姫」がとにかく凄い。乱歩の完全な模倣、というより乱歩以上に乱歩的な作品に仕上がっている。久世光彦氏の筆力に驚き呆...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月13日

    深刻なのかお気楽なのか、揺れ幅がおもしろい乱歩先生。
    雰囲気のあるホテルにて両手に花状態。乱歩でなくてもキュートで艶っぽい翁青年にはクラクラします。
    明治大正の名立たる文人・作家の影がサッとよぎるのもよいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    スランプの末、突如行方をくらました超売れっ子作家・江戸川乱歩。謎の空白の時を追いながら、乱歩の奇想天外な日々を照らす。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    主人公は白いモノが目立ち始めた40男の乱歩。
    作家としての後ろめたさを言い訳しつつ逃げ込んだある宿での隠遁中に起こる幻想と妄想。
    久世光彦の描く乱歩は乱歩の小説以上に乱歩の世界観を浮き上がらせてくれます。
    中国人の美青年や美しき人妻に心惑わされ、若い頃の生き生きとした文章を生み出していきます。
    「梔...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    久世光彦。ドラマはそんな好きじゃないけれど。。。小説はいい!さすが脚本家。まず視覚で惑わせ、聴覚によって世界に引きずり込む。そして嗅覚で完璧に舞台を体感させる・・・。スランプ中の家出の40男・乱歩が主人公。滑稽で醜い現実世界と、エロス薫りたつ幻想世界を織り交ぜた怪しい世界に、読者の五感すべてを誘う。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています