小説 ほしのこえ

小説 ほしのこえ

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

中学生のノボルとミカコは仲の良いクラスメイトだったが、3年生の夏、ミカコが国連宇宙軍選抜メンバーに抜擢された。宇宙と地球に離ればなれになった二人をつなぐのは、携帯電話のメールのみ。だがミカコの乗る宇宙船が地球を離れるにつれ、メールが届くのにかかる時間も長くなっていく。時間と距離に隔てられた、二人の互いを思う気持ちはやがて……。
『君の名は。』の新海誠の商業デビュー作『ほしのこえ』を小説化。

※本書は、2002年7月にMF文庫Jとして、2009年12月にMF文庫ダ・ヴィンチとして刊行された作品を角川文庫化したものです。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2016年11月15日
紙の本の発売
2016年11月
サイズ(目安)
1MB

小説 ほしのこえ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    アニメの先

    どぽぽ 2020年08月11日

    アニメ作品の先の物語が読める。
    そうとは知らず今まで読まなかったけど、アニメを観て相当時間経ってから読んである意味ラッキーではあった。やっぱりこの作品好きだなって思えたから

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    新海誠監督アニメのノベライズ。二〇四六年、宇宙軍に何故か抜擢されたミカコは宇宙で謎の生命体と戦い、級友のノボルと何光年も離れメールの到着に時間が掛かり次第に年齢も離れる中想い合う。携帯電話が未来らしくないかなあ。中学生から長く想い続けるのも浪漫的?すり抜けるみたいにあっという間なスピード感の引力。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月14日

     映像の「ほしのこえ」を読んだ時、ナレーションの言葉の美しさと端的さにびっくりした覚えがある。美しく丁寧で短い。
     そして小説を読んでみると、おおおおお? あの言葉の裏にこんな状況が? 気づいていなかったーともう一度映像を見ると、確かにその通りなんだよね。何というか、上手い補完をされていると思う。た...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月30日

    原作をそのまま小説にした作品ではなく、著者なりの解釈、創作が加えられた作品。

    原作を「トップをねらえ」と混同して記憶していたかも知れないが、読みながら原作を見たときの感覚を思い出した。

    アーサーCクラークの名作のオマージュでハッピーエンドにしたい著者の気持ちは分からなくはないが、加えられたエピロ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年01月23日

    ミロのヴィーナスにどんな腕がつけられても、もとの像の美しさを超えることはないだろう。それほど難しいと思うのだ。映画のノベライズやコミカライズというものは。それでもほしのこえは、映画の淡くて切なくて苦しくて、ほんの少し甘い雰囲気をもったまま、美しいハッピーエンドに書き換えてくれた。原作映画だと最後視聴...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年05月21日

    SFものは久しぶりでした。
    とっても読みやすい作品ですぐに読めました。
    最後,二人の年令に差ができてしまったところは
    え?どういう計算になるんだっけと
    分からなくなりましたが,後味も良い青春小説でした。
    こんな風に長い間,離れていてもお互いを思いあえる
    関係って素敵ですね。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年01月19日

    2018/1 10冊目(通算10冊目)。映画視聴済み。映像版を見たときはあまりいい印象を持たなかったが、原作を壊さない程度に適度な設定を付け加えてとても良いノベライズ版になっていると思う。この文章を読んで思いだすのは映画「インターステラー」。ちょっとの時間がある地点では数年たっているという点で宇宙で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング